水樹奈々、ホラー映画吹替え初挑戦―「最後はもう、血ではなく汗を流しながら叫びまくりました。」

オリジナル版製作スタッフ自らの手によって甦った、21世紀最高のスプラッター映画「死霊のはらわた」のBlu-ray&DVDが10月9日発売決定した。

そして、Blu-ray&DVD特典として劇場公開時にはなかった日本語吹替え版の収録が決定。

【関連:水樹奈々、初の海外公演が台湾に決定―開催は11月23日・24日の2日間】

阿澄佳奈、水樹奈々、佐藤利奈


日本語吹替え版では、実写ホラー吹替え初挑戦となる水樹奈々が悪霊に憑依される主人公のミア役を演じる。
さらに、中村悠一、佐藤利奈、高木渉、戸松遥、阿澄佳奈等、豪華声優陣も参加している。

ミア役の水樹奈々、オリビア役の佐藤利奈、またオリジナル版にはない物語冒頭の恐怖シーンで死霊に憑依された少女役を演じる阿澄佳奈のアフレコ収録が行われ、収録後、感想を語った。

実写ホラー吹替え初挑戦となる水樹は、普段はホラー映画が苦手といい「ホラーはプライベートでもほとんど見たことがない為、今回お話をいただいた時に「責任重大だ」と思いました。」と語り、姿なき死霊からの迫りくる恐怖に対し、「次来る、ってわかってはいるのに本気で「はっ!」ってビックリして悲鳴を「キャー!」って声をあげたり。頭で考えなくても身体で反射的に演じることが出来たと思います。最後はもう、血ではなく汗を流しながら叫びまくりました。」といつもとは違うアフレコ収録だったことを明かした。

死霊に憑依されショッキングな姿に豹変するオリビア役を演じた佐藤は「自分で口を切るシーンなど、映像の凄まじさに引き込まれ、自分も一緒にその世界に没頭してしまいました。」とコメント。

実写の吹替えが初挑戦だった阿澄は「お仕事のお話をいただいた時はガッツポーズするほど嬉しかったです。初めてこれまで出したことがないほどの邪悪な叫び声を出し切りました。」と、語った。

初回限定生産に限り、本編ブルーレイにプラスしてブルース・キャンベルのインタビューなど特典映像が入ったDVD ボーナスディスクがつく“憑依仕様”4980 円(税込)、またオリジナル版『死霊のはらわた』本編ブルーレイディスクが付く“死霊パック”4980 円(税込)が発売される。DVDは3990(税込)。

2013年10月9日よりBlu-ray&DVD発売、同時レンタル、デジタル配信開始。

水樹奈々アフレコ画像

(C)2013 Evil Dead, LLC. All Rights Reserved.
発売元/販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント