【無所可用】第52回 徳島新聞「ここだけ娘」、女優目指して修行中〜東京で夢に向かってがんばる「ここだけ娘」を応援のおはなし〜

写真拡大

ここだけ娘毎度エッセイやコラムじゃなくて単なるブログのような記事が多い「無所可用、安所困苦哉」でございます。今回は徳島市で行われるイベント「マチ☆アソビ」にて、徳島新聞の「ここだけ新聞」を配布している、「ここだけ娘」さんのお話です。

【関連:第51回 中央東線の知る人ぞ知る和菓子〜笹子餅のおはなし〜】


「マチ☆アソビ」は、公式サイトの案内によりますと、『「マチ★アソビ」は”徳島をアソビ尽くす”ことを目的とした複合エンターテイメントイベントです。徳島のシンボルである眉山山頂や、新町川沿いにある“しんまちボードウォーク”、 阿波おどり会館やポッポ街、徳島駅周辺を巻き込み、各エンターテイメント関連会社や人気声優が一堂に会し、さまざまなイベントや展示が行われる一大イベントです。』とのこと。
ワタシは残念ながらまだ伺ったことはありませんが、遊びに行った方のツイッターを見ていると大変たのしそうな様子が伝わってきます。いつかは行ってみたいイベントです。

「ここだけ娘」さんは、この会場で、徳島新聞が特別発行する「ここだけ新聞」を配布しています。
行ったことがないのになぜさもお知り合いのようにご紹介するかと申しますと、「神戸の青いあの娘(いまいち萌えない娘)」とのツイッターでの会話が流れてきて、それをフォローし、その後、ツイッターで時折リプライをいただくようになり……という感じで、ツイッターでの会話をさせていただくことが何回か。そうしているうちに、てっきり徳島にいるものと思っていたメンバーの方の一部が、東京で修行中ということを知りました。

メンバーは現在4人。 まみさん、かりんさん、まりさん、なみさん。全員、現役のモデルとしての活動もされています。このうち、なみさん、まみさんは、東京でそれぞれの夢へ向かって修行中です。そして今回、女優を目指して修行中のなみさんの「中間公演」が、意外な事に家から比較的近い場所で行われるとのことで、観覧に行って参りました。

演目は「ハロー・グッバイ」。なみさんはキャストの先頭にお名前があります。これはつまり、主役。すごい!
舞台は数演目ある中で、「ハロー・グッバイ」はラストです。登場人物も最多。なみさんの役どころは離婚してアパートから去っていく女性。スクールに入って3ヶ月目というところでは、年齢的にもなかなか難易度高い役ではないかと思います。
当日の演目として最後なだけあって、出演メンバーのレベルはなかなかのものでした。皆声が良く出ていて、演技もなかなか。
ここだけ娘のなみさんは主役を見事にこなしていました。ご本人よりかなり年上な立場の役でしたが、不自然さは無く、演劇的な声のメリハリなどもなかなかよく出来ていたと思います。

終演後は、応援観劇に来ていたもう一人の東京組、まみさんとロビーでお話しました。まみさんはエステティシャンを目指して、なみさんの通う学校の系列校で勉強中とのこと。翌日が検定試験のため、今日はこれにて引き上げ、徹夜体制とのことでしたが、検定はどうだったでしょうか。普段はなみさんにネイルの練習台になってもらったりもしているとか。
「中間公演」は、前半に演劇、後半に朗読劇があり、朗読劇が終わった後、キャストがロビーに出てきて見送りです。
結構な人数が観劇にきていたため、あまり時間はありませんでしたが、ロビーにてなみさんを探し出し激励。まだ3ヶ月、次回公演にも期待です。
徳島から遠く上京し、がんばっているなみさん、まみさん、お二人ともとても輝いて見えました。夢の実現へ頑張ってほしいです。また、できれば「マチ☆アソビ」の会場で活躍する姿も応援しに行きたいですね。

「ここだけ娘」Twitter:@kokodake_tp

(文:エドガー)