ニューバランス秋冬スニーカー 軽量996など新型続々

写真拡大

 ニューバランス ジャパンが、誕生25周年を迎える「M996」に超軽量最新素材を搭載したハイブリッドモデル「MRL996」を8月に発売する。表参道の「BA-TSU ART GALLERY(バツアートギャラリー)」で行われた2013年秋冬シーズンの展示会にて披露。「New Balance」のヒストリーをイメージした展示物が並べられた空間で、「MRL996」のほか定番シリーズ「574」の新コンセプトカラー商品などが発表された。

ニューバランスの新作スニーカーの画像を拡大

 ユニセックス展開の新商品「MRL996」のベースとなった「M996」は、1988年にオンロードのランニングシューズとして発売され、四半世紀が経つ現在でも多くのファンをもつ不動のデザイン性や履き心地が特徴。「MRL996」は、「M996」のオーセンティックなランニングスタイルのアッパーにパフォーマンスランニングシューズで使用されている超軽量ミッドソール素材「REV LITE」を搭載し、軽量でクッション性に優れたシューズにアップデートされている。カラーは、定番のクールグレーをはじめ、ネイビー、レッド、ブラウン、スティールブルー、イエロー、そして限定2色を展開。サイズは22.0センチから用意し、価格は税込み12,390円。

 「ニューバランス男子」と女性誌で特集されるなど性別を超えて支持を得ている「New Balance」は2013年秋冬シーズン、定番の「574」にブリティッシュテイストや歴代の代表的モデルを象徴するカラーを取り入れた「ML574」(8月発売)、ニューバランス東京では発売2ヶ月で完売したという女性向けの「WR996」にユニオンジャックをあしらったモデル(8月発売)、ビームスやトゥモローランドなどのセレクトショップとコラボレーションした新モデル(8月発売)、予約キャンセル待ちがでるという人気の「M1400」の新色(9月発売)などを展開。展示会会場では、100年近い歴史をもつブランドのクラフトマンシップを表現したブースや歴代の「990」シリーズを一堂に並べた展示スペースなどが登場した。なお表参道のセレクトストア「JACKET REQUIRED(ジャケット リクワイヤード)」では23日まで、歴代「900」シリーズのヒストリー展が開催されている。