代々木公園で開かれた「第7回 ブラジルフェスティバル」の様子

写真拡大

本場ブラジルの料理や音楽が大集合――在日ブラジル商業会議所(東京・港区)は、2013年7月20・21日の2日間、「第8回ブラジルフェスティバル/ブラジリアン・デー・ジャパン2013」を代々木公園イベント広場(渋谷区)で開く。時間は両日共に11時〜20時を予定。入場は無料。

ラモス瑠偉登場スペシャルライブも

会場にはブラジルにまつわる約70以上のブースが出店する。シュハスコ(ブラジル式焼肉)やフェイジュアーダ(豆と肉の煮込み料理)などのブラジル料理のほか、ブラジルのファッション、アクセサリー、音楽CD・DVDなどが並ぶ。サンバショーやカポエイラのワークショップも用意した。「国内最大のブラジルイベント」とうたっている。

音楽ステージでは初日、ブラジル出身で元サッカー日本代表、現在はビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉さんが登場してスペシャルライブを行う。21日には、ブラジルのポップミュージック「セルタネージョ」の若手歌手、ルアン・サンタナがメインゲストのスペシャル来日ライブを披露する。

また今年は、ブラジルの魅力をより多くの人に伝えるため、ブラジル産品・経済状況に関する写真や情報を集めた「ブラジル・パビリオン」を設置するのも特徴だ。

マルコス・トゥリーニ会頭は、「来場者は、年々増加の一途をたどっております。今後も、ブラジルの文化、経済、料理、ファッションなど質の良い商品を知っていただくため、さまざまな外国人コミュニティとの結びつきをますます強めていきたいと考えております」とコメントしている。