人気絶頂の綾野剛に直撃インタビュー!

写真拡大

ドラマや映画にと引っ張りだこ、今や人気絶頂の綾野剛。石井岳龍監督のもと主役を演じる『シャニダールの花』(7月20日公開)は、彼が「石井岳龍監督に魅力を感じていて、是非やりたいと思った」と語る渾身作だ。寓話的な世界にどっぷりと浸り、ミステリアスな魅力を存分に発揮している。作品ごとに新たな顔を見せ、その世界観を見事に体現してみせる綾野。彼の役作りの秘訣に迫った。

【写真を見る】綾野剛の役作りの秘訣とは?たっぷりと胸の内、役者魂に迫った

本作は、人の胸に咲く美しい花、“シャニダールの花”をめぐる物語だ。綾野が演じる植物学者・大瀧は、アシスタントの響子(黒木華)とともに謎めいた花の研究に追われ、花を宿した女性たちの悦び、悲しみ、戸惑いなど、様々な感情を目にすることになる。綾野は「ファンタジーではありますが、すごく現代に密接した話」と本作を分析。「だから、ファンタジー的な誇張が一切、許されないわけです。女性から花が生えるという設定を、今、この同時間軸で起こっていることとして、事実に変えていかなければいけない。台本を読んだ時には、これは大変な作業になるなと思いました」と脚本の印象を告白する。

どんなに困難だと思える脚本でも、「役作りの9割は現場。あとの1割は心を持っていくだけ」と話す。とことん現場主義で、現場の空気を吸うことで、キャラクターの人生を自分のものにしていくのだ。「まず、石井監督が『シャニダールの花』を事実にするための、その世界観を作ってくれる。『そのなかをどう生きるかは、僕はわからないよ』という演出なんです。以前、石井監督のインタビューを読んだ時に、『綾野君はセットに入ると、全ての引き出しを開けるので気が抜けなかった』と話していて。僕、引き出しとか全部開けるんです。セットに入ると、ふらふらとして、どこにゴミが溜まりやすいとか、どういうコースを歩くのかなど、大瀧として感じていくんです」。

石井監督の現場の感想を聞くと、「静かな狂気」と表現した。「石井監督の現場は、ものすごく張り詰めているのに、人を萎縮させない時間が流れている。それって、異様なことだと思うんです。静かで穏やかな狂気が常に流れている状態。中途半端にしていると、その狂気が襲い掛かってくるようでした。そして、それぞれのスタッフの放つ『石井組を成立させたい、この世界を生きるんだ』というパワーも、ハンパなかったです。『この美術のなかで、お前はどのようなものを見せてくれるんだ』という挑みのようなものをひしひしと感じた。またそこに、早く行きたいです」。

「自分一人で役を作ろうとしていない」と綾野。「僕は基本的に、全部捨てていくんです。僕の考えや価値観や定義なんて、どうでも良いんです。自分一人で考える思考なんて、たかが知れていますから。だからこそ、現場に行く時は、どれだけ空っぽにして向かうかが大事で。そこから、大瀧として、色々なものを入れていき、また大瀧として、何かを捨てていく。僕はそのやり方しかできない。特に今回は、そういうことをガッツリやっても良い作品だったので、そのように挑ませてもらいました」。

彼から感じられるのは、中途半端を許さず、その役柄を生き抜こうとする姿勢だ。クールな外見と裏腹に、熱を帯びた思いがビリビリと伝わってくる。役柄から影響を受けることも多いのだろうか?「どの作品からも、間違いなく影響を受けています。今までやってきた役から、考え方や色々なことを形成されていると思います。役と言うと掴みづらいかもしれませんが、皆さんも色々な人に出会うことで、影響を受けて考え方も変わっていきますよね。それと一緒なんです。役と会話をして、役から教えてもらった感情で、自分の性格も、考え方もいかようにも変わっていくんです」。

『ガッチャマン』(8月24日公開)、『夏の終り』(8月31日公開)、『そこのみにて輝く』(2014年春公開)をはじめ、公開待機作も続々。異なる作品の撮影が、同時期に重なることも多いはずだ。「ここ1年くらいは、そんな状態です」と言うが、そうなると「捨てて、入れて」という作業が成り立つのだろうか。「成り立つんです。一人で作っていないので。時代劇なら、カツラを被って、着物を着ればそのようになっていくし、現場の力ってすごいんです」。

ブレイクとも言える状況だが、彼自身はいたって冷静だ。「ガラッと世界が変わったか?」と尋ねると、「僕は常に変化しています。その変化していくなかで、色々な人が『あ、ちょっと待って』と声をかけてくれるようになっただけだと思います」と笑顔を見せた。自身の変化を楽しむ俳優、綾野剛。ますます彼から目が離せなくなりそうだ。【取材・文/成田おり枝】