白鵬が負傷「軽い肉離れに近い」

ざっくり言うと

  • 大相撲の名古屋場所12日目で白鵬が負傷し、病院で右脇腹の打撲と診断された
  • 横綱は「骨に異常がなかったから大丈夫」と語った
  • 師匠の宮城野親方は「軽い肉離れに近い状態」で休場はないと説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング