羽田空港内にお目見えした「JAL工場見学〜SKY MUSEUM(スカイミュージアム)〜」。職種別の体験コーナーが充実している

写真拡大

日本航空(JAL)は2013年7月22日、羽田空港の工場見学コースを大幅に改装して「JAL工場見学〜SKY MUSEUM(スカイミュージアム)〜」をオープンする。

リニューアルされた見学施設では、全長50メートルを超える年表が、JALが創業された1951年以来の歴史を年代ごとに説明。歴代の制服はもちろん、搭乗券や時刻表、荷物タグといったJALの歴史的資料も初めて一般公開した。新規路線の就航を記念したグッズも多数展示されており、航空機マニアの注目を集めそうだ。

マーシャラー体験もできる

パイロットや客室乗務員、空港スタッフなどの仕事5職種を紹介するコーナーも設けた。実際に使われた操縦席を見学したり、チェックインカウンターで登場手続きを体験したりすることもできる。航空機をスポットに誘導する「マーシャラー」体験もできる。

見学ツアーは年末年始をのぞく毎日4回(10時〜、11時〜、13時〜、15時〜)行われ、所要時間は航空教室30分、展示コーナー20分、格納庫見学40分の計90分。無料で見学できるが、ウェブサイトから事前予約が必要。