GACKTが『サイレントヒル:リベレーション3D』舞台挨拶に降臨!

写真拡大

大ヒットホラーゲームの映画化第2弾『サイレントヒル:リベレーション3D』(公開中)の大ヒット記念イベントが7月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本版イメージソングを提供したGACKTが舞台挨拶に登壇。「映像と合わさった時に、『ああ、格好良いな』と思った。単なる自画自賛なんですけど」と自身の曲を絶賛した。

【写真を見る】GACKTが血だらけのウサギと舞台挨拶に登場!

本作は、幼い頃の記憶を失った美少女ヘザーを主人公に、彼女のベールに包まれた生い立ちと、廃墟と化した街・サイレントヒルの封印された真実を描き出す物語だ。新曲「CLAYMORE」を日本版イメージソングとして提供したGACKT。「闘う女の子をテーマにした曲を書いていたところ、出来上がった頃にイメージソングのオファーがあった」そうだ。タイトルの“CLAYMORE”とは、両方に刃のある刀のこと。「攻撃もしやすいけれど、自分自身も傷つく可能性がある。そういう心を表した曲」と曲に込めた思いを教えてくれた。

またGACKTは、ある場面では吹き替版の声優としても参加している。GACKTは「良い形で収録ができた。短い時間で終わったので、満足してもらえたんじゃないかな」と自信をのぞかせる。何役かが気になるところだが、役柄に関しては「声を変えているので、多分、わからないと思う。実は、主人公の女の子だったらすごいよね」と話し、会場の笑いを誘っていた。

悪夢が映画の一つのテーマとなっていることから、「悪夢は見ますか?」と司会から聞かれたGACKT。「3時間くらいしか睡眠時間をとらないんだけど」とプライベートを明かし、「夢を見る時は自分で夢をコントロールできる。でも、悪夢だけは思った通りにならなくて。予知夢を見ることもある。知らない人が夢に出てきて、すると数年後にその人に会ったりする」と夢に関するエピソードを話して、会場を驚かせていた。

本作では公開記念として、サイレントヒルに囚われたGACKTを取り戻すべく全国の映画館で「GACKT奪還キャンペーン」を実施。この日は、投票により見事最多ポイントを獲得した会場での舞台挨拶となった。抽選で1名のファンに、GACKT自らサインをしたプレゼントを渡すなど、ファンサービスにあふれた一夜。最後には、GACKTが会場に投げキッスをお見舞い。熱い声援を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】