あなたの年間クレジットカード利用額はいくら? 利用額別もっとも得するクレジットカード教えます!

 以前、「クレジットカードの平均利用額は月5.3万円。平均的日本人がもっとも得するカードとは?」で紹介した還元率1.5〜1.8%の高還元率を誇る「リーダーズカード」。

 しかし、正確にはもっとも得をするのは「平均利用額が月5.3万円」の人だけではない。実はもっと多くの層がリーダーズカードの高還元率の恩恵を受けることができるのだ。

 ここで、リーダーズカードの特徴をおさらいしておこう。

■リーダーズカード
還元率 1.5〜1.8%
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2500円(50万円以上の利用で次年度無料)
家族カード あり(年400円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica

 リーダーズカードのメリットは、クレジットカード利用額からポイント分の金額が割り引かれる「Jデポ」を利用した場合でも1.5%の高還元率だが、Amazonでのクレジットカード利用額からポイント分の金額が割り引かれる「Amazon限定デポジット」なら還元率は1.8%と、トップクラスの還元率が実現する点。

 さらに、年会費2500円(税抜)は初年度無料、年間50万円以上の利用で家族カードを含めて次年度以降も無料になるほか、海外旅行保険の自動付帯(国内旅行は利用付帯)、ETCカードの年会費無料など、付帯サービスが充実している点も魅力だ。

年間利用額が50万円以上〜100万円未満の人には
リーダーズカードがベストチョイス!

 今回は、クレジットカードごとに異なる還元率や年会費などを考慮して、年間のクレジットカード利用額別に還元金額がいくらになるかを調べてみた。すると、結果は以下のようなグラフになった(入会特典や期間限定のキャンペーン等による還元率アップは考慮していません。また、年会費は初年度無料のクレジットカードがほとんどのため、2年目以降の条件で算出している)。


 上位のクレジットカードは利用額別で僅差の接戦になり、非常にわかりづらいので、年間利用額別にもっとも得なクレジットカードを表にまとめると次のとおり。

年間利用額 もっとも得するクレジットカード
(リクルートカード及びリクルートカードプラス含む)
1万〜
28万円未満
&nbspリクルートカード
(還元率1.2%。年会費無料)
28万〜
50万円未満
&nbspリクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))
50万円以上〜
100万円未満
リーダーズカード
(還元率1.8%。年会費2500円(税抜)、初年度無料。
ただし、50万円以上利用で次年度年会費無料)
100万円以上〜
121万円未満
漢方スタイルクラブカード
(還元率1.75%。年会費1500円(税抜)、初年度無料。ただし、年間約100万円以上利用でボーナス2500円分)
121万円以上〜 &nbspリクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))


 なお、年会費無料で還元率1.2%のリクルートカード、年会費2000円(税抜)で還元率2%のリクルートカードプラスは、今のところ還元されたポイントを使えるのが「じゃらんnet」や「ポンパレモール」など、リクルートが運営する10サイトに限定されるため、ポイントの使い勝手の面で敬遠する人もいるかもしれない。リクルートカード及びリクルートカードプラスを除外した場合の表も掲載しておくので参考にしてほしい。

年間利用額 もっとも得するクレジットカード
(リクルートカード及びリクルートカードプラス含まず)
1万〜
21万円未満
楽天カード
など、年会費無料で還元率1%以上のクレジットカード
21万〜
30万円未満
漢方スタイルクラブカード
(還元率1.75%。年会費1500円(税抜)、初年度無料)
30万円以上〜
32万円未満
エクストリームカード
(還元率1.25%。年会費3000円(税抜)、初年度無料。ただし、30万円以上利用で次年度年会費無料)
32万円以上〜
100万円未満
リーダーズカード
(還元率1.8%。年会費2500円(税抜)、初年度無料。ただし、50万円以上利用で次年度年会費無料)
100万円以上〜
186万円未満
漢方スタイルクラブカード
(還元率1.75%。年会費1500円(税抜)、初年度無料。ただし、年間約100万円以上利用でボーナスポイント2500円分)
186万円以上 リーダーズカード
(還元率1.8%。年会費2500円(税抜)、初年度無料。ただし、50万円以上利用で次年度年会費無料)

 どちらにしても、リーダーズカードは年間利用額が50万円以上〜100万円未満で還元金額がトップになった。
 つまり、1カ月換算で平均4万1666円〜8万3333円を利用する人にとって、リーダーズカードがもっとも得するクレジットカードということになる。

 この結果の決め手となったのは「Amazon限定デポジット」で還元率1.8%になる点と、年間50万円以上で次年度の年会費が手数料が無料になる点だ。

 年間利用額50万円以上〜100万円未満というのは、多くの人が当てはまる条件ではないだろうか。自分のクレジットカード利用額を調べてみて、この範囲内に収まっているようであれば、すぐにリーダーズカードに乗り換えたほうが得をするのは間違いない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)