写真提供:マイナビニュース

写真拡大

福岡空港・北九州空港を拠点に、日本初の「リージョナルLCC」を目指す航空会社「リンク」はこのほど、国土交通省に対して航空運送事業の許可を申請。ATR社製ATR72-600を採用し、2014年春の就航を予定していることを発表した。


○福岡〜宮崎、愛媛をつなぐ


リージョナルLCCとは、主要都市と近距離地方都市を結ぶ路線を展開し、リーズナブルな運賃でサービスする会社のこと。就航地間の旅客流動活性化とともに、地域経済の発展を目指している。また、これまでのLCCとは異なり、機内での飲み物や基本的なサービスを無償で提供する。


運用拠点としては福岡空港・北九州空港を選定し、両空港から宮崎、松山空港への展開を予定。機材は標準68〜74席を確保したATR社製ATR72-600を採用し、以下の路線・便数を計画している。


■就航時(2014年春)……2機体制

福岡〜宮崎線 5往復便程度/日

福岡〜松山線 3往復便程度/日

北九州〜松山線 2往復便程度/日


■3号機運航体制確立後(就航約1カ月後を想定)……3機体制

福岡〜宮崎線 5往復便程度/日(増便を計画)

福岡〜松山線 3往復便程度/日

北九州〜松山線 2往復便程度/日

北九州〜宮崎線 (新設を計画)


■ATR72-600

座席(標準) 68〜74席

最大離陸重量 23.0t

離陸滑走路長 1,333m

最大巡航速度 510km/h

航続距離 1,665km