子どもがデザイン服飾学生が作る服 日本橋三越でショー

写真拡大

 子どもが主役の街「キッザニア」による「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」で入賞した作品を披露するファッションショーが、8月3日に三越日本橋本店本館1F中央ホールで開催される。コンテストのテーマは、「パーティーに着て行きたい服」。応募作品のデザイン画をもとに、文化服装学院の学生が制作した30着が披露される。

キッザニアのファッションショー 三越で開催の画像を拡大

 「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」は、子どもが主役の街「キッザニア」の企画・運営を行うKCJ GROUPと、オフィシャルスポンサーであるワールド、三越伊勢丹による3社がコラボレーション。「自分が描いたデザインが実際の服になったら嬉しい」という子ども達の声からスタートし、ワールドと三越伊勢丹が「ファッション」をキーワードに子ども達の夢を叶えることを目的に連携。今年1月より募集を開始し、応募作品全259点から選考された。

 衣装は子ども達が描いた30作品のデザイン画から、文化服装学院アパレル技術科の学生がパターンをおこし、製作。ワールドで子ども服を手掛けるデザイナーとパタンナーが指導に当たった他、製作の過程で入賞した子ども達が製作の現場に訪問したという。ショー当日は、三越日本橋本店と伊勢丹新宿本店で募集した30名のキッズモデルが出演。8月14日からは、伊勢丹新宿本店6階 ベビー・子供服売場で全応募作品のデザイン画259作品が展示される。

■キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト 入賞30作品のファッションショー
日時: 2013年8月3日(土) 13:00〜13:45
場所: 三越日本橋本店 本館1階中央ホール