「青い花」最終回を終えた作者・志村貴子先生からメッセージ到着

写真拡大

集合志村貴子さんのマンガ「青い花」が7月6日発売の「マンガ・エロティクス・エフ/太田出版」で最終回を迎えた。

【関連:「進撃の巨人」未発表マンガ0巻同梱のBD&DVD第1巻発売開始―初日は売上好調】

集合


「青い花」は2009年7月から9月にかけテレビアニメも放送された作品。原作マンガは最終回を迎えたばかりだが、アニメ作品のBlu-ray BOXが9月6日発売されることが発表された。

今回の発売決定を記念して、原作最終回を描き終えた先生からコメント到着している。

<以下コメント>
大変ご無沙汰しております、志村貴子です。
この度、アニメ『青い花』がBlu-ray BOXとして発売されることになりました。
Blu-ray化を待ち望んでくださった皆さま、関わって下さった全ての皆さま、本当に本当にありがとうございます。そして、おめでとうございます!
完成した第一話を初めて観たときの感動は今でもはっきり覚えています。
あの時はオープニングから涙腺が決壊し、終始泣きっぱなしの鑑賞となりましたが
この度のBlu-rayでもう一度泣くことでしょう。
バスタオルの準備は出来ています。

志村貴子
<引用ここまで>

「青い花Blu-ray BOX」はディスク2枚組。収録内容は全11話+映像特典。価格は23100円税込。メモリアルブックレット12Pも同梱される。