写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本鉄鋼連盟は18日、2013年6月の鉄鋼生産概況を発表した。それによると、6月の粗鋼生産量は928.1万トンとなり、前月比では3.6%減少したものの、前年同月比では0.9%増加した。前年を上回るのは4カ月連続。


1日当たりの粗鋼生産量は30.94万トンで、前月の31.05万トンと比べて0.4%減少。4〜6月の粗鋼生産量は前年同期比2.1%増の2,807.4万トン、1〜6月は同1.2%増の5,471.1万トンだった。


6月の鉄鋼生産量は688.6万トンで、前月比では4.6%減少したが、前年同月比では0.9%増加した。前年比プラスとなるのは4カ月連続。4〜6月では前年同期比2.7%増の2090.7万トン、1〜6月では同2.8%増の4,161.1万トンとなった。なお、6月末の高炉稼働基数は前月と同数の33基中27基だった。


炉別生産量を見ると、転炉鋼が704.9万トン(前月比5.2%減、前年同月比1.3%増)、電炉鋼が223.2万トン(同1.9増、同0.4%減)。前年同月比では、転炉鋼が4カ月連続で増加したのに対し、電炉鋼は11カ月連続で減少した。


鋼種別生産量については、普通鋼が723.1万トン(前月比3.3%減、前年同月比1.5%増)、特殊鋼が205.0万トン(同4.6%減、同1.1%減)。前年同月比では、普通鋼が4カ月連続で増加した一方、特殊鋼は11カ月連続で減少した。


熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産量は804.5万トン(前月比2.7%減、前年同月比0.2%減)となり、2カ月連続で前年を下回った。4〜6月では前年同期比0.8%増の2,425.7万トン、1〜6月では同0.1%減の4,813.3万トンとなった。


普通鋼熱間圧延鋼材(一般)の生産量は635.0万トン(前月比3.0%減、前年同月比0.1%増)となり、4カ月連続で前年比プラスに。4〜6月では前年同期比2.4%増の1,921.8万トン、1〜6月では同1.8%増の3,838.8万トンとなった。


品種別に見た場合、条鋼類は164.6万トン(前月比2.5%減、前年同月比5.1%増)で、4カ月連続で前年を上回った。鋼板類は463.6万トン(同3.7%減、同1.9%減)で、前年同月比では4カ月振りに減少した。


主要品種の生産内訳を見ると、最大の割合を占める広幅帯鋼が372.7万トン(前月比3.0%減、前年同月比1.6%増)、厚板は85.6万トン(同4.9%減、同13.5%減)。一方、条鋼類では小形棒鋼が81.7万トン(同1.5%増、同5.6%増)、H形鋼が35.0万トン(同2.2%減、同8.2%増)、大形形鋼が9.0万トン(同9.7%増、同0.9%減)、中小形形鋼が9.4万トン(同5.7%減、同14.0%増)となった。


特殊鋼熱間圧延鋼材の生産量は169.6万トン(前月比1.4%減、前年同月比1.3%減)となり、前年同月比では11カ月連続の減少。4〜6月では前年同期比4.7%減の504.0万トン、1〜6月では同7.1%減の974.4万トンとなった。


(御木本千春)