アーバンリサーチドアーズが野外フェス初開催 第1弾アーティスト発表

写真拡大

 今秋、ブランド設立10周年を迎える「URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)」が、初の野外フェスティバル「KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL」を開催する。会場は日本有数の高原キャベツの生産地、群馬県・嬬恋村の「無印良品カンパーニャ嬬恋」で、会期は9月28日と29日の2日間。

アーバンリサーチドアーズが野外フェス初開催の画像を拡大

 アーバンリサーチグループの中でも特に衣食住のライフスタイルを提案してきた「URBAN RESEARCH DOORS」は、浅間山と四阿山、草津白根山の三方に囲まれた標高1,300mの高原に位置する「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」を会場に野外フェスを初開催。「小さな庭先で繰り広げられるガーデンパーティー」をコンセプトに、衣・食・住・遊にまつわる「扉」を多数用意して来場者を迎えるという。

 第1弾として発表された参加アーティストは、京都を拠点に活動しているインストバンド「Nabowa(ナボワ)」と男女2人組の「Small Circle of Friends(スモール・サークル・オブ・フレンズ)」、アコースティックデュオ「羊毛とおはな」、フジロックや朝霧ジャムといった音楽フェスをはじめレストランやギャラリーにも出没する「Double Famous(ダブルフェイマス)」の4組。チケットの一般発売は、8月3日が予定されている。

■KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL
 http://www.urdoors.com/special/TGF