韓国外交通商部報道官は18日の定例記者会見で、右翼化傾向のある自民党が政権与党となったとして、「地域や国際社会で果たす役割において、もっとも重要なことは国家間や国民間の信頼関係であり、日本の新政府が周辺国と国際社会の信頼を得ながら貢献することを願う」と述べた。中国メディアの人民網が18日に報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)サーチナ

政府の景気判断「回復」を検討

ざっくり言うと

  • 政府は7月の月例経済報告で、景気判断を3カ月連続で引き上げる調整に入った
  • 6月の「着実に持ち直している」との判断を見直し、「回復」を盛り込むことを検討する
  • 企業の設備投資が改善してきたことを受けての調整

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング