マザーズ&ジャスダック編 Vol.4
東証&大証に続き、値動きが激しく当たればデカい新興市場編! もちろんトプはガンホー様。分割しても分割しても上がり続け、今や憧れの存在に。上位銘柄群を見ると、SNSゲーム系とバイオ系が多い。全般的に5月中旬からやや押し気味なので、仕込みたいなら今がラストチャンス?


46位 シノケングループ
(JQ・8909/100株)
現物取引 80位 信用取引 51位
福岡に本拠を置く、不動産投資サ日足 2012年11月14日〜2013年5月27日日足 2012年11月14日〜2013年5月27日ポート、分譲マンション業者。個人オーナーの需要の高まりで賃貸アパート運営事業が絶好調。日銀の金融緩和を追い風に上昇してつけた5月の高値2535円突破へ。

TOTAL:54 / 100

妥当な株価:1620円 日経平均1万6000円なら:2800円

現在株価:1480円 PER(予想):9.5倍 PBR(実績):5.02倍 貸借倍率:ー 配当利回り:0.45% 本決算:12月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



47位 日本マクドナルドホールディングス
(JQ・2702/100株)
現物取引 42位 信用取引 76位
世界最大のファストフードチェーン。「メガマック」ブームが去り、既存店の売り上げ低迷が続くが、新企画「メガポテト」が大ヒットの予感。優待人気もあり、株価は2800円台で高止まりか。急落は即、買い。

TOTAL:60 / 100

妥当な株価:3130円 日経平均1万6000円なら:3100円

現在株価:2652円 PER(予想):25.9倍 PBR(実績):2.14倍 貸借倍率:0.93倍 配当利回り:1.08% 本決算:12月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



48位 スパークス・グループ
(JQ・8739/1株)
現物取引 72位 信用取引 57位
不動産・海外株ファンドを組成、資産運用コンサルティングでも稼ぐ。アジア企業による日本ペイントTOB(株式公開買い付け)の支援収入で今期黒字転換濃厚。3万円を挟んだボックス相場に戻りそうだ。

TOTAL:44 / 100

妥当な株価:1万8900円 日経平均1万6000円なら:3万9000円

現在株価:2万1480円 PER(予想):ー PBR(実績):5.37倍 貸借倍率:ー 配当利回り:ー 本決算:3月末

前期実績:赤字 今期予想:ー



49位 買取王国
(JQ・3181/100株)
現物取引 93位 信用取引 49位
古着などのリサイクルショップ運営。今年2月に新規上場したばかりで、初値の1.5倍の3000円まで上昇後、急落。とはいえ、今期・来期の連続増収増益が濃厚で、株価1000円台前半なら超お買い得。

TOTAL:58 / 100

妥当な株価:1600円 日経平均1万6000円なら:1800円

現在株価:1367円 PER(予想):8.6倍 PBR(実績):1.87倍 貸借倍率:ー 配当利回り:ー 本決算:2月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



50位 重松製作所
(JQ・7980/1000株)
現物取引 111位 信用取引 32位
防毒マスクでシェアトップ。米国3M向けに防塵マスクのOEM製造も行なう。福島原発向け特需が剥落して前期は大幅減益、株価も低迷中。インフルエンザなど材料が出たときの短期売買に絞った投資を。

TOTAL:33 / 100

妥当な株価:400円 日経平均1万6000円なら:1000円

現在株価:546円 PER(予想):38.9倍 PBR(実績):0.98倍 貸借倍率:ー 配当利回り:1.84% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字




※個人投資家人気ランキングは、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、楽天証券(五十音順、敬称略)の協力を得て、2012年11月1日〜2013年4 月末(半期分)の期間中の全売買代金データを合計。現物取引分と信用取引分(制度信用のみ)をそれぞれ合計し、時価総額なども加味して総合ランキングを編集部で決定した。

※掲載した銘柄データに関する注記:現在の株価、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、貸借倍率、配当利回り(今期予想)は2013年6 月10日現在で、「妥当な株価」と「日経平均1 万6000 円なら」の株価も同日の終値をもとに算出。「黒字」「赤字」は経常利益で、2013年5 月24日までに開示された決算情報によるもの。東マ=東証マザーズ、JQ=ジャスダック。

小川佳紀(YOSHINORI OGAWA)
株式担当アナリスト

最旬テーマと業績などの銘柄データを掛け合わせて爆騰目前株を発掘するのが大得意。今回も何度も分析し直したファイナルアンサーを発表。



この記事は「WEBネットマネー2013年8月号」に掲載されたものです。