写真提供:マイナビニュース

写真拡大

中日本高速道路のグループ会社である中日本エクシスは20日〜9月30日、各高速道路で運営するSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)にて、路線別キャンペーン「夏のハイウェイ おでかけ ココだけ コレクション」を展開する。


○路線ごとの特徴を生かしたメニューが登場


同キャンペーンは、路線ごとにテーマを設定し、エリアごとにテーマに沿った限定メニュー・限定お土産のほか、季節を感じる新しいメニュー・お土産を用意するというもの。大幅な商品見直しを実施し、今までになかった新たな商品との出会いによって、旅の途中にある全てのエリアに行きたくなるキャンペーンを目指したという。


「新東名高速道路 新東名再発見キャンペーン」では、2012年4月14日の開通から1年あまりが経過した新東名にあるSA・PAにて、各店舗の商品を大幅に入れ替え、季節感のある新たなエリア限定メニューや、こだわりのお土産を数多くそろえる。


「東名高速道路 富士山 世界遺産登録記念キャンペーン」では、世界文化遺産に登録された富士山に関連する新メニューや夏メニュー、ご当地メニューを各店のシェフが腕をふるい、お手頃価格で取りそろえる。お土産コーナーでは、富士山に関連する限定商品も数多く用意する。


「中央道・長野道 富士山・フルーツハイウェイキャンペーン」では、富士山に関連した商そろえるとともにもに、厳選した地元の新鮮フルーツをふんだんに使用した新メニューやお土産を販売する。「名神高速・東海北陸道 ご当地ブランド肉キャンペーン」では、滋賀県、近江牛や飛騨牛、地元の隠れたブランド肉とご当地食材を合わせた新メニューやお土産を用意する。


「東名阪・伊勢道 お伊勢参りキャンペーン」では、松阪牛や伊勢エビなどご当地食材を使用した新しいメニューやお土産を販売。「北陸道 日本海満喫キャンペーン」では、新鮮なこだわりの海産物を用いたメニューやお土産を提供するとともに、北陸の和菓取りそろえる。


キャンペーン期間は20日〜9月30日。実施路線・SA・PAなど詳細情報は「NEXCO中日本のサービスエリア公式ページ」を参照のこと。


(エボル)