●写真部 本格始動、なので

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会

<キャスト>
沢渡楓:竹達彩奈
塙かおる:阿澄佳奈
桜田麻音:儀武ゆう子
岡崎のりえ:井口裕香
三谷かなえ:茅野愛衣
ももねこ様:福井裕佳梨
三次ちひろ:寿美菜子
志保美りほ:葉月絵理乃
沢渡 珠恵:緒方恵美
沢渡香:宮本佳那子
楓の祖母:松尾佳子
塙さよみ:大原さやか
篠田こまち:広橋涼
八色ちも(ほぼろ店主):松来未祐
マエストロ(写真館店主):中田譲治
下上山:西村ちなみ
ともちゃん:東山奈央
堂郷 和太郎:間島淳司

●ストーリー
写真が大好きな高校生沢渡楓。
高校入学を機に、横須賀市汐入から父親との想い出の町、
竹原に引っ越してきてから1年が経ち、この春高校2年生になります。
写真は心と心を繋ぐもの。そう教えてくれた父親の形見のカメラで新しく出会った友達やいろんな人たちとたくさんの写真を撮ってきました。
そんな写真を通じて、この町で出会った素敵な想い出の数々・・・、もっともっとそんな想い出を作りたいという思いを胸に、楓は新たなチャレンジを始めます。
それは写真部を作ること。古い町並み、美しい海と島々、あたたかな人たちに囲まれた高校生たちの生活を描く心温まる優しい時間が流れる物語。

※第2期です!
●前回までのあらすじ
一応、写真部も無事に設立申請が許可され本格始動。

あくる日、写真部の部室にやってきたのは…。

三谷かなえ「貴方、写真部を作ったんですって!」

彼女は写真雑誌で特選を受賞した三谷かなえ。同じ学校の3年生だったとは…。
●部活動紹介!
塙かおる「ぽって、おはよう!」
沢渡楓「オ、オハヨウ、カオチャン…。」


沢渡楓は新入生に対する部活動を紹介する日。しかしながら極度に緊張している様子。

そして壇上での沢渡楓ですが、

沢渡楓「れ、れっつフォト、なので…。」

あまりのgdgdぶりに何の部活動なのかすら伝わっていない様子。

沢渡楓、やってしまいました…。
●三谷かなえを追って
沢渡楓「写真部というのを忘れた!」

それはともかく、いつもの4人は三谷かなえについての話題でもちきり。ところで、

下上山「明日にでも応募出来る写真コンテストよ!早速郵送の手配を。」
沢渡楓「まだ写真を撮っていないので…。」


※少々気が早いですが、確かにこれくらいの活動は必要ですね。

そこで三谷かなえに会いに行こうとする3人。しかし、

逃げられました。

三谷かなえ、彼女には何か意図があるのでしょうか?
●沢渡楓、三谷かなえを写真部へ誘う決意をする!
三谷かなえは校舎の3階から路上の沢渡楓達を撮影しようとするものの、何故か中止してしまいます。それは単に彼女の性格によるもののような気も。

場所は変わり、Cafeたまゆら。

塙さよみ「今日はプチ秘境探検部の部長として、ぽっての写真部部長就任をお祝いしにきたの!」

とは言え、写真部の部員は沢渡楓のみ。他の部員の当ては三谷かなえくらいしかないのですが…。

沢渡楓「勝手に写真部を作った事を怒っているのかな?」
●三谷かなえの思い
それは多分違うと思う。沢渡楓はそのように考え、三谷かなえを誘おうと決意します。

堂郷先生が強引に写真部アピールのため地元のイベント「桜まつり」への参加を決めますが…。

沢渡楓「私、やります!」

彼女が初めて写真部部長らしい事をした一瞬です。

その日の放課後、遂に沢渡楓は三谷かなえを発見します。

三谷かなえ「私も1年のときに写真部を作ろうとしたの。でも、新規で部活動を作ろうとするのは大変で…。」

彼女も写真部を作りたかった。そして写真が大好きだけど、それを言い出せる友達がいなかったようです。

三谷かなえ「沢渡部長、私を写真部へ入部させて下さい。」

こうして三谷かなえは写真部へ入部する事になります。

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第2話「沢渡楓の決意!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第1話「写真部を作ろう!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜hitotose〜」第12話「おわりがはじまり」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」TVアニメ公式Webサイト
「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」AT-X公式Webサイト