●ただいまは言わない

(画像:「ブラッドラッド」公式Webサイトより)
©小玉有起/角川書店/ブラッドラッド製作委員会

●キャスト
ブラッド・チャーリー・スタズ:逢坂良太
柳冬実:野水伊織
ウルフ:寺島拓篤
ハイドラ・ベル:ブリドカット セーラ 恵美
ブラッド・D・ブラッズ:木村良平
ブラッド・T・リズ:南里侑香
豆次郎:斎藤千和
デク:米須太一
ミミック吉田:山本和臣
アキム:遊佐浩二
フランケン:稲田 徹
ネル:梶 裕貴
ベロス:浅野真澄
ゴイル:岸尾だいすけ
冬実父:徳本英一郎
トビ:ロア健治
キジ:白川周作
オニクロ店長:松田健一郎
ハトムネ運送:イッキ、菊タロー
サバ夫:明平鉄平
雪男:つぶやきシロー

●ストーリー
東魔界でナワバリボスをしているオタクな吸血鬼・スタズのもとへ、ある日、人間の女子高生・柳冬実が紛れ込んでくる。戸惑いながらにも冬実に会ったスタズは、自分の中から湧いてくる気持ちを整理出来ずにいた。しかし束の間、冬実はナワバリ破りに来た魔物に喰われ、幽霊となってしまう。スタズは自分の気持ちの整理のためにも、彼女を生き返らせようと「血意」する。
●ブラックカーテン!
スタズ「こ、これがブラックカーテン!」

人間界の文化(特にアキバ系)に憧れていたスタズ。正に彼が渇望していたその入口が目の前に!

スタズ「人間界に行ったら、あんな事やこんな事や…。」
柳冬実「私を生き返らせてくれるんじゃ…。」
●憧れの人間界
そして向かった人間界。

スタズ「何、ここ?」
柳冬実「何って。私の部屋ですよ。」


あまりにも殺風景な部屋に絶句するスタズ。とりあえず、彼等は学校へ行く事に。しかも、スタズのスプレー(彼の唾液エキス)によってマインドコントロールされてしまう柳冬実の父。

スタズ「魔族は人間界では隠密行動!」

しかしスタズはおのぼりさん状態のため別な意味で目立ってしまいます。

それでも学校に潜り込む事には成功。
●給血鬼
柳冬実の友達A「冬実、昨日学校来て無かったじゃん!どうしたの?」
柳冬実の友達B「何言ってんの。昨日も冬実、学校に来てたよ。」


柳冬実は自分が死んだ事を周囲の人間が認識せず、以前と変わらない事に違和感があるようですが…。

スタズ「やっぱり幽霊ってのは足から消えるんだな。」

何と柳冬実の身体が消えかかっています。そこでスタズは自らの血を彼女に吸わせる事で、彼女の身体を維持させようとします。

スタズ「血鬼だ!」

スタズ、周囲には人間の女性が多数いるはずなのに柳冬実と初めて出会ったときの衝動は生じません。

そこでスタズは本来の目的である秋葉原での決戦に備える為、一先ず魔界に帰る事にしますが…。
●ハイドラ・ベル登場!
柳冬実の部屋に現れた女性。

ハイドラ・ベル「よっ、お帰り!」
柳冬実・スタズ「誰?」


彼女は魔界からやって来たブラックカーテンの所持者の空間魔術師ということですが…。

ハイドラ・ベル「ベルちゃんって呼んでね、あはっ!」

しかもブラックカーテンを勝手に使用した件で2人に対して6,000万円の請求をするも、当然ながら支払いは出来ません。そこでスタズは彼女にお使いを頼まれます。

ハイドラ・ベル「身体で払ってもらおうと思ってさ!」
●鬼のパンツ
スタズはハイドラ・ベルからの指示で魔界のアパレルメーカー「ONIQLO(オニクロ)」秋葉原支店に鬼のパンツを奪い取りに行きます。

スタズが店長から必死の思いで奪い取った鬼のパンツですが、

ハイドラ・ベル「ぶっちゃけ、私もいらないんだけどね!お疲れ!」

※確かに彼女は「此処にある物」と言っただけで「鬼のパンツ」とは言ってません。

ちなみにハイドラ・ベルが「人体蘇生の術」という本を所持していたらしいのですが、西魔界の「ウルフ」へ売却してしまったとの事。

※ハイドラ・ベル、どこまでもフリーダムな女です。

次の目的は西魔界の「ウルフ」討伐!

「ブラッドラッド」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ブラッドラッド」第1話「柳冬実、幽霊になる!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ブラッドラッド」TVアニメ公式Webサイト