写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カカクコムは17日、同社が運営する購買支援サイト「価格.com」において、ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダードと提携し、ブランド品の買取・査定サービスを開始した。


価格.comでは、従来より「中古カテゴリ」において、パソコンやカメラ、腕時計などの中古品を取扱っており、2013年現在の同カテゴリへのアクセスは前年比164%に上るという。今回、ブランド品の買取・査定サービスを開始することで、拡大が予想されるリユース市場へ対応するとともに顧客の購買手段の拡充を図るとしている。


まず、リユース市場における需要が高い「ファッション」「時計・アクセサリー」ジャンルの約4,500ブランドを対象に、買取・査定サービスを開始。利用方法は、『価格.com』専用ページにて申し込みを行うと、自宅に宅配キット(ダンボール・着払い伝票)が送付され、ダンボールに買取希望商品を詰めて送った後、商品価格が査定され売却できる。


商品を店頭へ持ち込む手間や費用は一切掛からず、送料無料で自分の好きな時間に送ることができる。商品到着から入金までは最短で3日間。なお、買取を取りやめたい場合や査定価格に納得がいかなかった場合には、商品を送料無料で返却する。


(御木本千春)