写真提供:マイナビニュース

写真拡大

松竹と東京モノレールは8月11日まで、アニメ映画「SHORT PEACE」のコラボキャンペーンを展開中。


○プレゼントイベントも展開


同キャンペーンは、日本のトップクリエイターを結集して作られ世界へも発信していくオムニバスアニメ映画「SHORT PEACE」と、東京都港区の浜松町駅から世界への玄関口となる羽田空港につながる東京モノレールのイメージが合致することから開催の運びとなったという。


キャンペーン期間中は、「AKIRA」「スチームボーイ」の大友克洋を筆頭に、「FREEDOM」の森田修平、「鉄コン筋クリート」の安藤裕章、「ガンダム」シリーズのカトキハジメらが結集した「SHORT PEACE」とモノレール車両のコラボイラストを、駅貼りポスターや車内窓上ポスターとして掲出する。


東京モノレール羽田空港国際線ビル駅上りホーム待合室では、「SHORT PEACE」各作品の設定画など貴重な資料を集めたパネル展を開催。観覧は無料だが、ホーム待合室は改札内にあるため、当日有効な乗車券または入場券が必要。


また東京モノレールの5つの駅(浜松町駅南口改札内・大井競馬場前駅・流通センター駅・羽田空港国際線ビル駅上りホーム待合室・羽田空港第1ビル駅南口改札外)に5つのキーワードを設置。各駅のキーワードを並べ替えて「SHORT PEACE」を表す5文字を完成させ、応募用紙に記入後羽田空港国際線ビル駅に設置の応募BOXへ投函すると、監督のサイン入りポスターや東京モノレールオリジナルグッズセットが当たるプレゼントキャンペーンも実施する。キャンペーン期間は8月11日まで。詳細は「東京モノレールのニュースリリース」を参照のこと。


(エボル)