NY発セックスマガジン「Richardson」と気鋭クリエイターの限定グッズ発売

写真拡大

 ニューヨーク発のセックスマガジン「Richardson(リチャードソン)」の最新号発行を記念して、写真家のアラーキーこと荒木経惟(あらきのぶよし)や映画「スプリング・ブレーカーズ」の監督を務めたHarmony Korine(ハーモニー・コリン)ら国内外のクリエイターとコラボレーションしたカプセルコレクションが登場した。7月17日から、「bonjour records(ボンジュールレコード)」の各店で販売をスタートしている。

米誌「Richardson」の限定コレクション発売の画像を拡大

 最新号の「Richardson Magazine A7」は、「DEATH(死)」をテーマにセックスと死を表す写真や記事を掲載。カプセルコレクションには、荒木経惟やHarmony Korineの他、アーティストのNate Lowman(ネイト・ロウマン)やプロのスケートボーダーMark Gonzales(マーク・ゴンザレス)、ジュングループと新ブランド「Ex-Libris by Olympia Le-Tan(エックス リブリス バイ オランピアルタン)」を立ち上げたデザイナーOlympia Le-Tan(オランピア・ル・タン)などが参加し、Tシャツやトートバッグを展開する。

 1998年にイギリス出身のAndrew Richardson(アンドリュー・リチャードソン)が創刊した「Richardson」は、セックスというレンズを通して写真やアート、社会現象、カウンターカルチャーを表現。過激でカッティングエッジな誌面は、多くのアーティストから高い支持を得ている。

■bonjour records
 http://www.bonjour.jp/