2013年の夏にオススメなホラー映画!カップルでゾッとできる作品5選

写真拡大

夏と言えばプールや海などのアウトドアも欠かせませんが、おうちデートでゆっくり映画を見るのもおすすめ。それも、ゾッとして涼しくなれるホラー映画なら2人の距離が縮まること間違い無し!
今回は、結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、夏に恋人と見たいホラー映画を紹介します。

【現代版ゾンビ「ドーン・オブ・ザ・デッド」】
ホラー映画の金字塔、ジョージ・A・ロメロが監督した「ゾンビ」を現代版としてリメイクされた作品。
ゾンビといえばノロノロとした動きのイメージですが、この映画では驚異的なスピードで疾走するゾンビが見られます。ゾンビに追いつめられる恐怖と、極限状態における人間ドラマは必見です。

【同棲中カップルには「パラノーマル・アクティビティ」】
同棲中のカップルが毎夜怪現象に悩まされ、原因を解明すべくカメラを設置するというモキュメンタリー手法の映画。カメラには寝ているはずの彼女が起きだして、背筋の凍るような映像が記録されています。同棲中のカップルならきっとゾクゾクできるはず。
低予算ながら全米で大ヒットし、2013年秋には5作目がアメリカで公開される予定です。

【オカルトブームの原点「エクソシスト」】
1973年の映画で、オカルトブームの原点となったと言われている作品です。「名前は知っているけど、見たことない」というカップルにぜひおすすめ。
悪魔に取り憑かれた少女と、エクソシスト(悪魔払い)の神父との戦いは、恐怖しながらも最後まで見ずにはいられないはず!

【和製ホラーも外せない!「ノロイ」】
和製ホラーを代表する「リング」や「呪怨」を手がけた、一瀬隆重がプロデュースした作品。怪奇実話作家が、「呪い」をテーマとした作品の完成後に失踪し、残された作品を検証して完成させたと言われています。ドキュメンタリー風に作られており、リアルで生々しい怖さを体験したい人におすすめ!

【本当にコワイのは人間…「黒い家」】
この映画には幽霊などのオカルト要素はありません。しかし、幽霊よりももっと恐ろしい人間を見ることができます。
保険金殺人をテーマにしており、保険の営業マンが、不気味な契約者の素性を徐々に洗い出していくという、じわじわくる恐怖感がたまらない作品です。

【編集部まとめ】
夏にはホラー映画も恋人関係のスパイスになります。恐怖やドキドキから、2人の距離が縮まるのは嬉しいハプニング。「ホラー映画が苦手」という方でも、ぜひこの夏はチャレンジしてみてくださいね。