写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マルハンは2014年秋、大阪市浪速区に、日本初となる韓流テーマパーク型商業施設を開業する。


○韓国文化が一堂に集結


同施設は、日韓両国の文化的架け橋となる存在を目指し、大阪市浪速区の旧フェスティバルゲート跡地に建設予定の商業施設(名称未定)。近隣には通天閣や天王寺動物園、スパワールドなど大阪を代表する観光施設も多く、観光客が多く見込める立地であるとともに、関西国際空港からも最速34分で来場可能なため、アジア各国からの集客が見込まれる。初年度来場者数300万人が目標だという。


新施設は物販、飲食、食品、多目的ホールの4つのエリアで構成され、いずれも韓流文化をテーマとしたテナントが出店する予定だという。


物販エリアは、韓流スタープロデュースによるファッションブランドや関連グッズのショップなど、韓国エンターテインメントとトレンドを凝縮したエリア。飲食エリアは、韓流スタープロデュースによる話題のレストランや素材にこだわった本格志向メニューなど、韓国食文化を集積したエリア。食品エリアは、韓国輸入食材のスーパーマーケットを導入し、本格的な韓国食材を販売する。


多目的ホール(仮称:K-POPホール)は、K-POPコンサート、韓流スターファンミーティング、韓国で話題のパフォーマンスショーなど、韓国エンターテインメントのための多目的ホール。


開業予定は2014年秋。場所は大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目2-31他。大阪市営地下鉄動物園前駅と直結。敷地面積は約14,000?。詳細は「マルハンのニュースリリース」を参照のこと。


(エボル)