今週末!? キャサリン妃の出産にまつわる3つのうわさ

写真拡大 (全4枚)


予定日を過ぎてもなかなか産まれないキャサリン妃のベビーに、世界中がやきもきしている今日この頃。

当初の予定の一週間遅れ、つまり今週末に産まれるのではないか!? といわれています。そこで、出産にまつわるあれこれを集めてみました。


(1)シルバー製ラッキーコインを贈呈!





子供が産まれると、シルバーのコインを贈り、将来の幸運や生涯の健康を願うという習慣のあるイギリス。そこで、キャサリン妃と同じ日に出産した2,013人のママに記念コインが贈呈されるんです! ブルーまたはピンクの入れ物に入った記念コインで、出産後60日以内にFacebook経由で英国造幣局に依頼すれば無料で受け取れるとのこと。同じ日に産まれるだけで、幸運なベイビーたちです。


(2)ウィリアム王子はヘリコプターで駆けつける!

じつは、現在北ウェールズで公務中のウィリアム王子。しっかりとヘリコプターを準備し、いつでも駆けつけられるようにしているのだとか。北ウェールズから出産予定地であるロンドンのセント・メアリーズ病院まではヘリコプターで約90分だそうで、出産には充分に間に合うとされています。さすが、スケールが大きい王室ならでは!


(3)発表は伝統通りに!

英王室がこれまでそうしていたように、そして、父となるウィリアム王子が誕生したときもそうであったように、この度王子または王女が産まれた際には、バッキンガム宮殿にイーゼル(画架)が置かれ、そこに誕生した子の性別や目の色、体重等の詳細から名前までが発表される予定です。ネット社会の現代でも、伝統を守るのは英王室らしいです!

現在セント・メアリーズ病院前は報道陣の脚立で埋め尽くされ、その瞬間を世界中の人々が待ち望んでいます。しばらくはロイヤルベビー旋風が吹き続くだろうイギリス。母子ともに元気な姿を見せてくれるのが楽しみです!


[Tte Royal Mint,Mail Online,Daily Express]


(石井真代)