そごう・西武のPBが高品質に 雑貨はネンドと協業

写真拡大

 そごう・西武が7月17日、プライベートブランド(以下、PB)「LIMITED EDITION(リミテッドエディション)」の2013-14年秋冬の発表会を開催した。同シーズンは高品質な素材を取り入れた「付加価値型PB」と30〜40代の働く女性をサポートする「内側から輝く健康美」、渋谷店発「Art Meets Life」の3つのキーワードを設定。2013年度の売上高は、前年度比約8割増の730億円を達成する見込みだという。

そごう・西武のPB ネンドと協業の画像を拡大

 2009年に全領域横断型のPBを立ち上げたそごう・西武は、「LIMITED EDITION」をはじめ、様々な著名クリエイターと組んだ自主開発のブランドや自主編集売り場を展開している。「日常をちょっと贅沢に」をテーマに掲げる2013-14年秋冬シーズンは、上質なPBを提供するための3つのキーワードをもとに、世界トップクラスの素材アラシャンカシミヤを使用した婦人・紳士服や、フレンチダックを取り入れた贅沢仕様のダウンコートといった多彩なアイテムを揃える。

 また、「Art Meets Life」というキーワードに基づいて、佐藤オオキが率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」とコラボレーションした商品開発もスタート。世界的に活躍する「nendo」の現代的な感性に、西陣織や木工芸、カトラリー、有田焼、和紙といった7ジャンル(予定)の日本の伝統技を融合した「by nendo meister(バイ ネンド マイスター)」、タオルや食器、メガネなどをリーズナブルな価格帯で提案する「by nendo(バイ ネンド)」の2シリーズを発表し、第1弾は10月22日に販売を開始する。発売を記念して、同日から「by nendo meister」と「by nendo」の商品やプロダクトのスケッチ、試作品が並ぶ展覧会が西武渋谷店A館7階の特設会場で開かれる予定で、今後はアクセサリーやシューズなどファッション領域にも商品展開を拡充していく。
 
 商品発表会で、そごう・西武の取締役執行役員 岡田正俊氏は、「自社で商品を開発していくことで、より良いものを手頃な値段で生み出せる。お客様に新しい価値が提供できると確信している」とコメント。衣料品を軸とするSPA型新業態の開発も計画しており、2014年春の発表に向けて先月からディレクターやMD、デザイナー、生産管理といった外部人材の採用をスタートしたという。同社は自主開発商品の分野において、2014年度は1,000億円の売上高を目指す構えだ。

■「nendo展」EXHIBITION BY NENDO(仮称)
 会期:2013年10月22日(火)〜11月4日(月)
 時間:10:00〜21:00(日・祝日は20:00まで)
 会場:西武渋谷店A館7階 特設会場
 ※最終日は18:00閉場予定