「ファーストガンダム」当時を語り合った

写真拡大

人気アニメ「機動戦士ガンダム」のテーマパーク「ガンダムフロント東京」(お台場)で、スペシャルイベント「安彦良和×板野一郎×氷川竜介 トークショー」が2013年7月12日開催された。

富野監督「俺はね、ガンダムで10年食いたいんだよ」

「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインや漫画版「ジ・オリジン」を手がけた漫画家の安彦良和さんと、超立体的高機動なメカ演出、通称「板野サーカス」で有名なアニメーター・板野一郎さんを招いた。

板野さんは今でこそ超売れっ子だが、駆け出しの頃に「ファーストガンダム」の現場に参加しており、安彦さんとはいわば「師弟関係」にあたる。「ガンダムにのったアムロ、安彦さんとブライト富野(由悠季)さんはいるんだけど、後はもうみんな新人みたいなもので」(板野さん)――安彦さんが放送途中で倒れ、ガンダムの打ち切りが決定した後、板野さんらは死に物狂いで仕事をしていたという。

安彦さんは当時を振り返りながら、「昔はみんながオールマイティでアバウトでよかった。最近のアニメは仕事を細分化して、ち密なものの集積をクオリティーだとみなしがちだけれども、日本のアニメって言うのは本来そこで勝負していない。マインドを込めて、ゲリラ的にやっていたのが原点。こう言っていいのかわからないけれど、女でも、『おとこぎ』で仕事している。それが、世界で通用するんだと思うんです」と持論を語った。

そして、「(ファーストの)劇場版のときに、富野さんと1対1で話をしました。その時に彼は『安彦さん、オレはね、ガンダムで10年食いたいんだよ』って言ったんです。食うというのは下世話だけれど、これも大事なことで。その時僕ははったりで『たぶん10年は大丈夫だよ』と言ったんだけど、まさか30年たってもこんな状態とは夢にも思わなかった。その幸せには感謝しています」と締めくくった。

次回イベントには庵野秀明監督が登場

次回トークイベントは7月26日にも開催予定で、「風立ちぬ」(20日公開予定)への声優出演が話題の庵野秀明監督を招く。入場チケットはチケットぴあで販売中。価格は4000円(全席指定)。

ガンダムフロント東京では、4月19日に開業1周年を迎えたことを記念して『企画展リレー』を開催中。第1弾の「機動戦士ガンダムの誕生とシャア・アズナブル展」に続く第2弾「機動戦士ガンダムの誕生とアニメーター安彦良和展」では、ファーストガンダムの制作にもちいられた安彦さんの原画のほか、安彦さんが手がけた「ガンダムエース」表紙なども公開している。第3弾として「ガンダムサイエンス展(仮)」を予定している。

入場料は、高校生以上が1000円、中学生・小学生は800円。