写真提供:マイナビニュース

写真拡大

あなたは今まで、「ゴキブリ」や「ダニ」といった害虫の問題で困ったことはありますか? いつも快適な生活を送っていても、ある日突然キッチンにゴキブリが現れて慌てた、なんて人も少なくないはず。都会や2階以上の住まいであっても、どこからともなく現れるのが害虫です。あなたは害虫を見つけたときどうしますか? また、みなさんは害虫が出ないためにどのような対策を講じているのでしょうか。今回はマイナビニュース会員500名を対象に、住まいで起こった「害虫トラブル」について調査しました。


■クモ、ムカデ……。身近に潜む害虫からの被害も


Q.あなたは、お部屋の中で「害虫(例:ゴキブリ、ダニ等)」に関係するトラブルを経験したことがありますか?

ある……:42.0%

ない……:58.0%


4割以上の人が害虫のトラブルを経験したことがある、と回答。また、被害を受けた害虫として最も多かったのは、やはり「ゴキブリ」でした。


「一階がラーメン屋のマンションに住んでいた時、毎晩5センチ大のゴキブリが大量に発生した」(34歳/男性/機械・精密機器)

「ゴキブリが就寝時に顔に乗って来た」(32歳/男性/自動車関連)

「引越しの荷物に、前の部屋にいたゴキブリが紛れていた」(33歳/女性/ソフトウェア)


害虫被害として一度は経験したことがあるという人が多いのが「ゴキブリ」。黒いボディの独特な動きに、恐怖を覚える人は少なくありません。壁を這っていたり、荷物の中に潜んでいたりとみなさん様々な遭遇の仕方をしているよう。苦手な方は、“引っ越し時の荷物”といった意外な原因にも気を配りましょう。


また、「ゴキブリ」の次に多く被害に遭った害虫は、「ダニ」や「ムカデ」でした。


「布団にダニがいて、体を噛まれた。なかなか痒みが収まらないので困った」(36歳/男性/人材派遣・人材紹介)

「布団にムカデがもぐりこみ、足をさされた」(22歳/女性/金融・証券)

「玄関に置いてあった靴の中に大きいムカデがいた」(33歳/女性/ソフトウェア)


目に見えないダニや長細い体のムカデは、部屋にいることすら気づかず、害虫に噛まれる被害に遭っている人が多いようです。


では、そんな“快適な生活に水を差す”害虫に遭遇した時の対処法や、害虫を発生させないための予防法にはどのようなものがあるのでしょうか。


■「部屋を清潔に保つ」ことが害虫予防の第一歩!


Q .あなたが「害虫」トラブルにあわないために、気を付けていること・実行している予防策は何ですか?

この質問への回答で、みなさんが実際に行なっている予防策をポイントごとにまとめました。


【掃除】

「掃除や布団干しをこまめにする」(30歳/女性/食品・飲料)

「生ごみをこまめに処分している」(48歳/男性/自由業)

「晴れたら布団をこまめに干す。掃除機でダニを吸う」(30歳/女性/情報・IT)


水回りを清潔に保ち、ゴミを溜めこまないようにするなど、掃除を徹底するだけで害虫予防につながるようです。


【製品で退治】

「虫よけスプレーを何箇所かに置いている」(34歳/女性/小売店)

「ムカデ専用の忌避剤を家の周囲に撒いておく」(34歳/男性/運輸・倉庫)


害虫がいつ出てきても対処できるよう、虫よけスプレーをいたるところに常備している人が目立ちました。害虫を捕まえるための粘着シートとスプレーを完備している強者もいました。


【戸締り】

「玄関ドアはすばやく開閉します」(28歳/女性/印刷・紙パルプ)

「暑くてもベランダへの扉は閉めて寝る」(42歳/女性/機械・精密機器)


害虫の侵入を許さないように、戸締りを徹底して生活しているという人も少なくありません。


【独自の方法】

「なるべく3階より高いところの物件を借りる」(35歳/女性/学校・教育関連)

「ムカデが出ませんようにと祈るだけ」(43歳/男性/食品・飲料)

「羽ありには酢が効くらしいので酢をまいた」(28歳/女性/生保・損保)


蚊やアリなどが寄り付かない高層階の物件を選ぶことで、最初から害虫被害を軽減しようとする人もいるようです。


今回の調査では、ゴキブリやダニ以外にも様々な害虫が存在し、生活の中であらゆる被害を与えていることがわかりました。水回りを清潔に保ったり、こまめに掃除をするなどの手軽な方法からユニークな対策まで、多くの予防法があるようです。まだ害虫被害に遭ったことがないという人も、ある日突然お部屋の中でゴキブリやクモなどに遭遇するかもしれません。害虫から身を守り快適な生活を送るためにも、みなさんの体験談を参考に、日頃から自分に合った予防法を実践しておいてみては?


【アンケート対象】

調査時期 : 2013年6月27日〜29日

調査対象 : マイナビニュース会員

調査対象数 : 500名

調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート