2週間遅い伊勢丹新宿の夏セール盛況 15分前倒しスタート

写真拡大

 セールの開催時期を遅らせている三越伊勢丹が、7月17日から夏のクリアランスセールをスタートさせた。伊勢丹新宿店では本館・メンズ館ともに混雑が予測されたことから、当初の開店予定時刻より15分繰り上げ10時15分にオープン。並んでいた人が入りきった10時半時点で約7,000人(公式発表)が来館したという。

伊勢丹の夏セール開始の画像を拡大

 新宿店の本館前は地下含めて入り口各所に列ができ、オープン直後から館内は混雑。2階から4階の婦人服売場や7階の催事エリアが特に盛況で、「TORY BURCH(トリーバーチ)」シューズのクリアランスエリアは7階の会場から階段に沿って5階あたりまで列が伸びていた。またメンズ館では、正面玄関前に朝4時にできた列が館を囲むように靖国通りの歩道に沿って伸び、開店後は2階の上りエスカレーター付近の売場を中心に賑わっている。

 今年の夏セールは、都内百貨店の多くが6月28日からスタートさせる中、三越伊勢丹では基幹3店舗でオリジナル商品の拡充を図って正価購入顧客の利用を促しセール前の売上の落ち込みをカバー。1ヶ月前からオリジナルアイテム群「MIQ(=三越伊勢丹クオリティー)」を去年の1.5〜2倍の商品量にして販売するなど正価購入商品を強化し、7月前半の売り上げは「予算を上回っている」(三越伊勢丹・広報担当)という。次回の冬セールについても、時期を是正する「現在の方針は変わらない」とコメントしている。

■三越伊勢丹の夏セール 前年に続き2週間遅く実施
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-05-07/imhds-sale-13s/

■2013年春夏のセール情報
 http://www.fashionsnap.com/sale/2013ss/