健康管理もできるスマホ「SoftBank HealthCare」 7月18日より提供開始

写真拡大

ソフトバンクモバイル株式会社は、クラウド上に蓄積した健康データを基に理想のカラダづくりをサポートする、スマートフォン向けサービス「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」を、7月18日より提供開始する。

同サービスでは、ユーザーが活動量計などのデバイスを用いて計測した健康データをクラウド上に蓄積して、健康に関する各種サポートを行う(月額525円)。対応デバイスの第1弾として、全米で大人気の「Fitbit」の最新ワイヤレスリストバンド型モデル「Fitbit Flex(TM)」を提供する。Fitbit Flexは、ソフトバンクモバイルが国内で先行して独占的に提供するもので、腕に着けるだけで歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間の4つの健康データが計測され、スマートフォンとBluetooth(R)通信により、ワイヤレスに同期してクラウド上に蓄積される。

蓄積された健康データは専用のアプリケーションから手軽にチェックできるほか、着けて寝るだけで眠りの状態(時間/サイクル)を測定する機能、24時間365日、専門の看護師、栄養士、医師による健康に関する電話相談(通話料無料)、健康データを活用して、ユーザーの顔写真を基に未来の自分の顔や体重を予測する機能などが利用できる。さらに、FacebookやTwitterとの連携に対応し、目標達成状況についてシェアできるなど、新たな機能を順次追加していく。

対応予定端末は、iPhone 4S以降(iOS 6.0以降)およびSoftBank スマートフォン。SoftBank スマートフォン(AQUOS PHONE Xx 206SH)については、8月下旬以降より利用可能。その他、対応端末は順次拡充予定。

また、着せ替え用のカラーバンド全5色(ブラック、スレート、タンジェリン、ティール、ネイビー)を、SoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部ソフトバンクショップで近日発売予定。