成年後見訴訟、初めて和解が成立

ざっくり言うと

  • 成年被後見人の選挙権をめぐる訴訟で17日、原告と国の和解が成立した
  • 知的障害を持つ原告は、94年に後見人が必要と宣告され、選挙権を失った
  • 和解内容は、国が原告の選挙権を確認し、原告は慰謝料請求を取り下げる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング