さまざまなメディアで「最強」と名高い漢方スタイルクラブカード

写真拡大

 『ダイヤモンドZAi』のほか、『日経トレンディ』や『MONOQLO(モノクロ)』など、さまざまな雑誌、テレビなどの各種メディアで「一番得するクレジットカード」として有名なのが「漢方スタイルクラブカード」。

 以前にも「目指せ還元率2.5%超! クレジットカードの見直しで年間3万円以上も得してしまう!?」などの記事で紹介し、大きな反響があった。

 漢方スタイルクラブカードがどれほどお得なのか、ほかの高還元率クレジットカードと比較すると、下記の表のようになる。

楽天カード リーダーズカード 漢方スタイル
クラブカード
リクルートカードプラス
カードの
券面
還元率 1.0% 1.5% 1.75% 2.0%
年会費
(税抜)
永年無料 初年度無料、2年目以降2500円(年間50万円以上の利用で次年度無料) 初年度無料、2年目以降1500円 2000円
国際
ブランド
VISA、JCB、MasterCard VISA VISA、JCB JCB
貯まる
ポイント
楽天市場や楽天トラベルなどで利用できる「楽天スーパーポイント」 カード利用額に充当する「Jデポ」。「Amazon限定デポジット」なら還元率は1.8% カード利用額の支払いに充当できる「Jデポ」 利用できるのはじゃらんnetやポンパレモールなどの10サイトのみ
ポイント
の期限
無期限 2年 2年 無期限

 漢方スタイルクラブカードの還元率1.75%は業界トップクラスな上、さらに年間約58万円の利用で1250円分、約100万円の利用なら2500円分がボーナスポイントとして付与されるため実質還元率は2%に到達し、実際には還元率2%の「リクルートカードプラス」と肩を並べることになる。

 しかも、付与されたポイントは、クレジットカードの利用代金に充当できるので、単純に支出を抑えることができて節約につながり、ポイントを消費するために「大して欲しくないものを購入する」という無駄な買い物をする必要もない。高還元率ながら付与される「リクルートポイント」が「じゃらんnet」「ポンパレモール」などリクルートが運営する10サイトでしか使えない「リクルートカードプラス」などと比較すると、ポイントの使い勝手の良さでも「漢方スタイルクラブカード」に軍配が上がる。

 しかし、読者の中には「なぜ『漢方』?」「名前が怪しい」という感想を持つ人も多かったようだ。そこで今回は、「漢方スタイルクラブカード」を発行している薬日本堂とジャックスの担当者に、なぜ高還元率のクレジットカードを出すに至ったのか、というギモンを直撃してきた!

漢方スタイルクラブカード発行の目的は「ストレス軽減」

「弊社は薬店、薬局の経営を主たる事業としておりますが、お客様にはいろんなお悩みを持つ方がいらっしゃいまして、なかにはストレスを多く抱えた方もいらっしゃいます。クレジットカードについても、数多くのカードが出ている中で、どのカードを使えばいいのか、どう使えばいいのかを迷うこともお客様のストレスにつながっているのではないかと考えました」

 そう語るのは、漢方スタイルクラブカードを発行する薬日本堂の野崎公一郎さん。

 確かに、「特定の店舗で利用すれば還元率は高いが、ほかの店舗では還元率が低い」というクレジットカードが多いため、「結局、どのクレジットカードを使えばいいの?」というのは誰もが悩むところ。利用する店舗によってクレジットカードを使い分けたり、複数のポイントの有効期限を気にしたり、交換条件を確認するのはとても面倒だ。

そこで、「どこで使っても得するクレジットカードがあれば、そのカード1枚にポイントを集約できて、金銭面のストレスをなくすことができるのではないか」(薬日本堂・野崎さん)との考えから、漢方スタイルクラブカードを作ることになったという。

 なんと、業界トップクラスの高還元率クレジットカード誕生の背景には、金銭面のストレスをなくして健康に寄与したいという思いがあったのだ。

どこで、何に使っても一般的なカードの3倍以上も得!

 ここで「漢方スタイルクラブカード」の特徴を確認してみよう。

■漢方スタイルクラブカード
還元率 1.75〜2.0%(※1)
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1500円
家族カード あり(年400円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
SMART ICOCA
(※1 2.0%は年間約100万円以上を利用した場合のボーナスポイント2500円分を含めた場合)

 一般的には、1万円の利用で50円分のポイントが得られる還元率0.5%のクレジットカードが主流な中、漢方スタイルクラブカードはその3倍以上の還元率1.75%を誇る。さらに、年間利用金額が約58万円を超えると1250円分、約100万円を超えると2500円分のポイントがボーナスで加算されるため、還元率は一般的なクレジットカードの4倍、最大2%にまで上昇する(利用金額100万円×還元率1.75%=1万7500円+ボーナスポイント2500円=2万円)。

 しかも、還元率が利用する場所によって変わるなど、ポイントを利用する店舗などが制限されるクレジットカードが多い中、漢方スタイルクラブカードは「どこで利用しても還元率はトップクラスの1.75%(一部の電子マネーへのチャージは除く)」で、かつ「貯まったポイントはクレジットカードの支払代金に充当できる」ため、現金で支払うよりもクレジットカードを使ったほうが確実に節約できるのだ。

 しかし、誰もが知っている大企業とカード発行会社が提携したクレジットカードも数多く存在するが、漢方スタイルクラブカードのような高還元率のカードは少ない。つまり、それだけ高還元率のクレジットカードを発行するのが難しいはず。

 それを実現した薬日本堂とはどんな会社なのだろう?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)