写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住信SBIネット銀行は16日、日本放送協会(以下NHK)と提携し、NHK放送受信料の「口座振替サービス」(自動引落し)の受付を開始した。


同時に、オンライン受付も開始するので、顧客はWEBサイト上での手続きのみで、NHK放送受信料の口座振替契約を締結することが可能となる。


住信SBIネット銀行では、これまで一部の公共料金の口座振替にのみ対応していたが、今後、公共料金などの「口座振替サービス」が利用できる収納企業を順次拡大していくとしている。


また、8日に中部電力の電気利用代金の「口座振替サービス」も開始した。このたびの中部電力・NHKとの「口座振替サービス」提供開始を記念して、同社では「公共料金の口座振替提供開始記念キャンペーン」と題し、総額10万円が当たるキャンペーンを実施する。


○キャンペーン概要


・期間/7月16日(火)〜9月30日(月)期間中に口座振替(自動引落し)の申込みが完了していない場合はキャンペーンの対象外

・対象となる取引/期間中にAまたはBの条件のいずれかを満たすこと。


A: 中部電力の電気利用代金、またはNHK放送受信料の口座振替(自動引落し)を申込み、同社での登録を完了すること


B: 口座振替(自動引落し)を新規に申込み、かつ1回あたり3000円以上の自動引落し(口座振替)の実績があること


・特典/抽せんで50人に現金2000円をプレゼント


住信SBIネット銀行は、顧客に常に使ってもらえる「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめていくとしている。


(金野和子)