『熱血硬派くにおくん』 ©2013ミリオン/岸本良久/エスピーオー

写真拡大

人気ゲームシリーズ『熱血硬派くにおくん』が、実写作品化される。

【もっと画像を見る】

『熱血硬派くにおくん』は、1986年にアーケード版、1987年にファミリーコンピュータ版が発表され、その後数々のシリーズ作品を生み出してきた人気作品。初の実写作品となる同作では、熱血高校に転校してきた運動神経抜群の正義の番長・くにおくんが、不良たちの象徴として受け継がれてきた伝説の白ランを着てしまったことから始まる物語が描かれる。

くにおくん役を演じるのは若手俳優の大野拓朗。監督は映画『おぎゃあ。』『大阪ハムレット』などを手がけた光石富士朗が務める。

なお、同作の先行上映会が、9月13日から9月16日まで開催される映画祭『第6回したまちコメディ映画祭 in 台東』内で実施。上映会は9月14日から、東京・浅草のコシダカシアターで開催される。チケットの発売日はオフィシャルサイトで後日発表される。

※記事掲載時から、作品についての発表内容が変更になりました。