940兆円の長期債務!世界の借金大国って日本はいわれてるけど……本当?

写真拡大

日本の借金は世界で一番多い、日本は世界の借金大国といわれます。最新のデータを調べてみました。日本は大丈夫なのでしょうか。

■世界の借金ランキング 日本断トツの1位(笑)

IMFの2013年4月版データ「World Economic Outlook Databases」によると、世界各国の政府総債務残高ランキングは以下のようになっています。これは、対GDP(国内総生産)比で出されています。

●政府の総債務残高(GDP比)ランキング

1位 日本 237.92%
2位 ギリシャ 158.55%
3位 ジャマイカ 146.59%
4位 レバノン 139.53%
5位 イタリア 126.98%
6位 エリトリア 125.79%
7位 ポルトガル 122.99%
8位 アイルランド 117.12%
9位 グレナダ 112.57%
10位 シンガポール 111.02%
11位 アメリカ 106.53%
12位 カーボヴェルデ 103.35%
13位 ベルギー 99.60%
14位 アイスランド 99.08%
15位 スーダン 97.64%
16位 イギリス 90.31%
17位 フランス 90.29%
18位 セントクリストファー・ネーヴィス 89.30%
19位 アンティグア・バーブーダ 89.15%
20位 キプロス 86.21%

日本(政府)の場合は国内総生産の2.37倍の借金を背負っていることになります。2012年のデータによれば、日本のGDPは519兆6,210億円ですから、その2.37倍でざっくり1,231兆5,017億円の債務があるわけです。

※……日本政府の平成24年度予算案によれば、24年度末で国・地方合計の長期債務残高は940兆円程度、対GDP比196%です。

ただし、これは借金ばかりを見た数字です。

他国の国債を保有していたり、他国に貸し付けたお金、その利息収入などの資産もあるわけです。そこで、総債務残高から政府の保有する金融資産を引いて、「純債務残高」を算出して、その残高で比べてみると……。

■金額はぐっと減ったけど2位(笑)!

●政府の純債務残高(GDP比)ランキング

1位 ギリシャ 155.38%
2位 日本 134.33%
3位 レバノン 134.18%
4位 グレナダ 112.57%
5位 ポルトガル 111.56%
6位 イタリア 103.21%
7位 アイルランド 102.32%
8位 カーボヴェルデ 97.25%
9位 アンティグア・バーブーダ 89.15%
10位 アメリカ 87.86%
11位 フランス 84.07%
12位 ベルギー 83.30%
13位 イギリス 82.79%
14位 ベリーズ 78.11%
15位 ガンビア 77.18%
16位 ヨルダン 74.94%
17位 ハンガリー 72.77%
18位 ドミニカ国 72.16%
19位 スペイン 71.93%
20位 イスラエル 70.14%

日本政府の持つ金融資産がかなりあるようで、対GDP比で134.33%まで減りましたが、それでも世界第2位です(笑)。

1位のギリシアは事実上デフォルトした国、3位のレバノンも事実上破綻しています。第5位のポルトガルは「ユーロ圏で次に危ないのでは」とうわさされていますし、イタリアは「ユーロ圏に加盟するために粉飾決算していた」と報じられている国です。

ランキング上位の国はうわさレベルも含めてどうもグラグラした国ばかりです。そのランキングで日本は第2位です。「大丈夫なのか?」と思われても仕方ありません。本当に大丈夫なのでしょうか。

■「日本政府」の借金は大丈夫なのか!?

プロのファイナンシャル・プランナー、薮内美樹先生に日本の借金状況をどう考えるかについて伺いました。

――日本は世界に名高い借金大国ということになっていますが、この事実を日本国民はどう考えればよいでしょうか?

薮内先生 まず事実として、日本の借金は、日本政府が日本国民にしている借金で、その中身は「円建て国債」です。債務の約92%が日本国内での借金ですね(日本人からの債務)。そのうちの約62%を、銀行や保険会社などが引き受けているといわれます(国債を買っている)。

――借金のほとんどを日本人からしているというわけですね。

薮内先生 そうですね。ここが外国の例とは異なっている点です。例えば、ギリシアは、「外国に借りたドル建ての借金」などで大変なことになったわけです。日本の場合は、日本政府が(ほとんどを)日本人から借りています。

――日本もギリシアなどのように破たんすると思われますか。

薮内先生 すぐに破たんするかというとそんなことはないでしょう。でも現在の財政状況が良いとはとてもいえません。

例えば、45兆円の歳入しかないのに、歳出は92兆円といった予算の組み方になってます。つまり、収入と同じだけの借金をしないとやっていけないわけで、これは明らかに異常な状態です。

――年収450万円のお父さんなのに、1年間に920万円使っているという状態ですね、足らない分は借金でまかなっていると。

薮内先生 そのお父さんの家は明らかにおかしいですよね(笑)。

――ただ、普通と違うのは、そのお父さんがお札を刷れることだと思うのですが。借金の分だけお札を刷って返済するというのは駄目なんでしょうか。

薮内先生 確かにそうなのですが、もしそれをやると円暴落やハイパーインフレを起こすといった弊害も予想されます。

――一番簡単なのは、日本人が「日本政府からの借金の返済」を全部あきらめることでしょうか。

薮内先生 そうなるといったん全部チャラになりますね(笑)。大変にラジカルな考え方ですが、そうなると今国債を持っている銀行や保険会社が「売れるときに売ってしまおう」などといった対策に走る可能性があって、それが始まると大きなカタストロフが起きるでしょう。

――何か良い手はないのでしょうか。

薮内先生 そうですね。このまま様子を見て、いけるところまでいってみるというのが現在の状況ですよね。ただ、国債を買う人がいなくなれば破綻しますしね。

銀行に貯金したり、保険に入ったりしている人は多いと思いますが、そのお金は結局「国債」になって、国の借金に充てられているわけです。何とかしないと、すぐにではなくても、どこかで破たんする可能性はあるわけです。

リスクに備えて、資産の分散、通貨の分散は考えておきたいところです。日本人はもっと政治・経済に関心を持ち、金融リテラシーを身に付けなければなりません。

――現在のいわゆるアベノミクス、また日銀の動きについてはどう思われますか?

薮内先生 私は「賭けに出たな」と思っています。ずっと傍観していても仕方ないですし、現状を回転させられるのなら、という動きに見えますね。「うまいくいけば良し」と思います。いずれにせよ、もっと国民が財政について議論していくことが必要でしょう。

いかがだったでしょうか?
日本がすぐに破たんすることはないでしょうが、このままいってもあまり良いことはありません。日本人全員で議論することが必要なようです。

⇒薮内美樹先生のサイト
http://www.fp-lifecolors.com/

将来設計や自分の家計に不安がある人はぜひ先生のサイトを訪問してみましょう! 良いアドバイスをしていただけますよ。

(高橋モータース@dcp)