写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みなとみらい大盆踊り実行委員会は8月16日・17日、神奈川県横浜市・臨港パーク南口広場にて、「第6回みなとみらい大盆踊り」を開催する。


○横浜港の心地よい海風が感じられる盆踊り大会


同イベントは、今年で6回目を迎える、みなとみらいの夏の風物詩ともいえるイベント。みなとみらい21地区の住民と企業の交流の場として、昨年も約1万2,000人の来場者を集め、盆踊り独特の提灯の明かりのもと、大いににぎわったという。


今年も、会場には子供たちに人気の定番縁日コーナー(金魚すくい、輪投げ、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい)を設置。8月17日には、リニューアルしたばかりの西区キャラクター、「にしまろちゃん」を迎え、先着300名にみなとみらい大盆踊り「特製うちわ」と「光る腕輪」をプレゼントする。


さらにグルメの注目ポイントとして、みなとみらい地区の3大ホテルの競演企画を用意。会場には、横浜ロイヤルパークホテル、横浜ベイホテル東急(パンパシフィック横浜ベイホテル東急より改称)、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルがそれぞれにカレーメニューを提供し、互いにその味を競い合う。普段はなかなかできない、ホテルの料理を食べ比べるという貴重な機会となる。


開催日は、8月16日〜17日。時間は16日が17時30分〜20時30分、17日は16時〜20時30分。会場は、神奈川県横浜市西区みなとみらい・臨港パーク南口広場。入場料は無料。その他、詳細はパシフィコ横浜Webページにて確認できる。


(エボル)