個人投資家たちの間でFX(外国為替証拠金取引)のシステムトレードが人気になっている。タレントの眞鍋かをりが、その現状についてセントラル短資FX株式会社の阿草龍二氏に聞いた。

 * * *
阿草:FXというとパソコンにかじりついてするもの、というイメージがありましたが、最近では携帯電話やスマートフォン、タブレットなどでお取引をされる方が増えました。当社でも以前は100%近かったPCユーザーさんが、いまでは7割を切っています。

眞鍋:それだけFXには手軽さが求められてきた、ということですよね。

阿草:お仕事の合間や出先でお取引をされる方もいらっしゃいます。

眞鍋:PCに任せっきりにできるというシステムトレードも広がるのが早かったですね〜。

阿草:おかげさまで、当社の「セントラルミラートレーダー」もお客様のご利用が大きく増えました。

眞鍋:どのような方に受けていますか?

阿草:FX取引にだけ集中していられない、という方はもちろんですが、「裁量取引だと判断ポイントがぶれてしまってうまくいかない」という方にもお勧めできます。

眞鍋:でも、システムトレードというと、専門用語が満載だったり、難しいプログラムを組まなくてはいけなかったり、上級者の方しか扱えないようなイメージがあるのですが。

阿草:たしかにそのようなタイプのシステムトレードもありますが、当社の「セントラルミラートレーダー」は自分で勉強してプログラムを組む必要がなく、世界中で使われている人気のストラテジ(売買プログラム)の中から自分の投資スタイルに合ったものを選ぶだけなので、初心者の方でもすぐに慣れていただけると思います。

眞鍋:一度ストラテジを選んでしまったら、あとはFXのことは忘れて自分の好きなことに時間を使えるってことですよね。ラク〜!しかも、自分で「あーでもない、こーでもない」と取引するより、断然上手くいきそう(笑)。

阿草:投資信託の為替版、といったところでしょうか。複数のストラテジを組み合わせて、オリジナルのポートフォリオを作ることもできますので、初級から上級まで、幅広い層の方に使っていただきたいですね。

眞鍋:なるほど。プロに任せた気でいていいんですね! これまで上級者向けとばかり思っていましたが、むしろ初心者さん向けなのかもしれないですね。簡単で、しかもプロの戦術を利用できるのだから。

阿草:デモ取引もありますし、使いたいストラテジの詳細データや過去の取引データも見ていただけますので、「慣れないシストレをいきなり使うのが怖いな」という方にもお使いいただけます。

※マネーポスト2013年夏号