漫画アクションで連載中のあの「殺し屋さん」がアニメ化決定

写真拡大

殺し屋さん2004年から双葉社刊「漫画アクション」で連載の4コマ漫画作品「殺し屋さん」(原作:タマちく.)がショートアニメ化されることが決定した。

【関連:高河ゆん原作「悪魔のリドル」アニメ化決定―原作単行本は1巻が発売されたばかり】

殺し屋さん


「殺し屋さん」は自他共に認める日本一の殺し屋と、それを取り巻く刑事や被害者や同業者や通りすがりの人や警察犬などのさまざまな人間(犬)模様を描いた娯楽作品。

「依頼があれば、何でも殺す」をモットーに活動を続けるが、夏休みの宿題や主婦の家内労働を殺すことまで、その活動は幅広い。 狙った獲物は必ず殺し、狙わなくとも笑いを誘う、凄腕殺し屋さんストーリー。

なお、原作のタマちく.さんは、ネーム原作担当の「タマ」と作画担当の「ちく.」による共同ペンネーム。タマはB.B.Jokerや4ジゲンの作者一條マサヒデ、作画担当のちく.は主に成人向け漫画を中心に活動している春輝のペンネームでもある。

今回のアニメ監督は「走れ!ベル坊刑事!! 」制作・監督の池ヶ谷愛が担当。アニメーション制作はオペラハウスが担当する。

ホームページ:http://www.5648.jp/

(C)2013 タマちく./双葉社・「殺し屋さん」製作委員会