●まだ目を見れない-反撃前夜(1)-

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
ドット・ピクシス:田中正彦
イアン・ディートリッヒ:村上裕哉
キッツ・ヴェールマン:志村知幸
グスタフ:四宮豪
アンカ:葉山いくみ
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久
バルト候:高口公介
リコ・プレツェンスカ:鷄冠井美智子
ダリス・ザックレー:手塚秀彰
ミケ・ザカリアス:三宅健太

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●前回のあらすじ
エレンが目覚めたところは地下牢獄。そして今は彼を尋問中。

リヴァイ「おい、お前のしたい事は何だ?」
エレン「調査兵団に入って、とにかく巨人をぶっ殺したいです!」
リヴァイ「もし、コイツが暴れたり裏切ったりしたらその瞬間に殺してやる。…認めてやるよ。お前の調査兵団入団を!」

●エレンの命運
ウォール・シーナやウォール・ローゼではエレンの巨人化能力について様々な噂が流れています。巨人に怯える者が多数ながらもウォール・ローゼの一部では人類の希望と見てくれる肯定的な意見も出ているようです。

そこでエレンの命運を決定するためにやってきたのはダリス・ザックレー。彼は調査兵団・駐屯兵団・憲兵団の総括責任者の総統ですが、彼が最終的にエレンの処遇を決定する兵法会議に参加する事になります。

エレンの命運はその兵法会議に全てが委ねられています。
●釈放か!?
エレン「すいません。便所に…。水を下さい!」
看守「立場を弁えろ!」


エレンは自分の立場を、そして仲間を案じながら数日間拘束され続けます。もちろん、彼自身いつ出獄出来るか、それ以前にいつまで生きていられるか分からないままに…。

ハンジ・ゾエ「君がエレンだね!大丈夫、変わりない?ごめんね待たせてしまって、やっと此処から出られそうなんだ。但し、これを付けてね!」

彼女(ハンジ・ゾエ、但し性別は不明)の手導きによりエレンは後ろ手の手錠を付きで釈放されます。途中臭い〇ェチのミケ・ザカリアスも同行するも…。

ハンジ・ゾエ「勝手だけど我々は君を問診するしかないんだ!健闘を祈る!」
●兵法会議
エレンが連行された場所は審議所。そこではエレンに対する兵法会議(軍事裁判)が開廷されています。そこで決定される事項はただ一つ。エレンを憲兵団が引き取るか、それとも調査兵団が引き取るか。

エレンはいわば罪人同然の扱いで、その場の被告人として拘束具付きで出廷しているわけです。

憲兵団はエレンを徹底的に分析したうえで処刑する事を提案。

ウォール教は即座処刑を主張!ちなみにウォール教は5年前は殆ど無視されていた存在でしたがいつの間にか強大な権力を得ることになったようです。

そこで調査兵団のエルヴィン・スミスは、

エルヴィン・スミス「我々はエレンを使い、ウォール・マリアを奪還します。」

その一言のみ。これにはエレンも自分の命運を諦めたと思われます。

ダリス・ザックレー「エレン、君は巨人化した直後ミカサ・アッカーマンに襲いかかったそうだが、事実か?」

確かにそれは事実です。しかもミカサとエレンが9歳のとき、誘拐・強盗犯を殺害したことも持ち出されてしまい、状況は不利!

そこでエレンは思いのたけを全てぶちまけた叫びをすると、突然、

リヴァイ、エレンに暴行を加える!

しかも一方的に殴る蹴るの暴行を加え、彼の歯さえも折ります。

リヴァイ「これは持論だが、教育に一番効くのは身体で教え込む事だ!」

そして、エルヴィン・スミスはリヴァイにエレンの管理を全て任せる事を提案します。

ダリス・ザックレー「結論は出た。」
●エレン、調査兵団に入隊!
エレンは重傷を負いますが、その結果として調査兵団に入団を認められます。

ハンジ・ゾエ「ねえ、エレン。口の中を見せてよ。」

何ともう歯が生えています。

これは巨人化能力の回復能力によるものなのでしょうか?それとも単に子供の歯からの生え代わり?

エレンが調査兵団に入隊した事、これは彼にとって良かったと言えるのでしょうか?

※少なくとも憲兵団に引き取られ処刑されるよりは…。

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第13.5話「未だ夢の中」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第13話「巨人への勝利に対する代償」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第12話「暴走する唯一の希望」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第11話「恐ろしく曖昧な根拠」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第10話「アルミンの力」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト