映画『魔法少女まどか☆マギカ』衝撃の特報映像&一部ストーリーが明らかに

写真拡大

10月26日に公開されるアニメーション映画であり、劇場版第3弾となる劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の特報映像、一部ストーリーが明らかになった。

2011年1月より深夜TVアニメとして放送された『魔法少女まどか☆マギカ』のメインスタッフである総監督を新房昭之、脚本・虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案・蒼樹うめ、アニメーション制作スタジオ・シャフトら当代きってのクリエイターたちが再集結し、脚本・作画、すべてが完全新作として描かれる本作。すでに解禁となったポスターは「たとえ、世界が滅んでも。」のコピーとともに、暁ほむらが一人佇んでいるビジュアルだったが、今回解禁となった特報も「寂しいのに、悲しいのに、この気持ちを誰にも分かってもらえない」というセリフや、特報の最後に出てくるほむらの衝撃的なシーンなど、ほむらに焦点があてられた映像となっている。

また、今回の特報映像とともに一部ストーリーも明らかに。特報映像と同様、鹿目まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらについて書かれ、「懐かしいあの笑顔と再びめぐり合うことを夢見て−」というコピーとともに、彼女の残した世界でひとり戦い続ける物語になるという。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion