“マイク”の爆笑田中に大歓声、モンスターズ大学ヒット御礼イベント。

写真拡大

お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二(48歳)が7月15日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「モンスターズ・ユニバーシティ」の大ヒット御礼イベントに登壇した。

この日、本編の上映終了後に、日本語吹替声優でマイク役を務める田中が登場すると、満員の客席からは、「マイクだ!」と一気に大歓声。全員が“マイク”のうちわを持って迎え、会場内はマイク一色となった。

「モンスターズ・ユニバーシティ」は7月6日の公開からわずか9日間で興行収入20億円を突破する大ヒットを記録しているが、この点について「(前作から)11年経ったら忘れちゃうのに、みんな覚えていて、すごいよねー!ちなみに石塚さんは今日は暑いので欠席です(笑)」と語り、会場を沸かせた。

そして少年時代のマイク役を務めた佐藤和太くんが、田中とお揃いの“マイク”をイメージしたグリーンの衣装で「おまたせー!」と登場し、「本物のマイク役の田中さんに会えて嬉しいです」と緊張気味に挨拶。「俺の41歳下かあ。石塚さんも劇団ひまわり出身だから後輩だね?!将来の夢は?」と田中にたずねられると、佐藤くんは「警察官になりたい。劇団は、おばあちゃんが勝手に申し込んでいたんです。あんまり有名になっちゃうといつも家にいて暇な生活になっちゃうから芸能人じゃないほうがいいです」と話し、笑いを誘った。

続けて、いつも仕事で忙しい田中に夏休みの“自由研究”を体験してもらおうの企画で、「米村でんじろうサイエンスプロダクション」のサポートを得て、映画館の客席に雪を降らせる実験に挑戦。佐藤くんは雪を降らせるホースを手にして、大先輩の田中の頭上に冷たい雪を降らせて大喜び。次にドライアイスを使ったアイスクリーム作りに挑戦。マイクにちなんで緑色のメロンアイスクリームが完成すると、スイーツ好きの田中が試食し、「めちゃめちゃうまい!」と大絶賛した。

その後行われたフォトセッションでは、「モンスターズ・ユニバーシティ」の大ヒットを観客と共に祝おうと、“マイク”のうちわをお面代わりにした観客と一緒に「『モンスターズ・ユニバーシティ』ナンバー1」の掛け声で写真撮影。大いに盛り上がりを見せた。