【男子感覚】防災袋に入れておきたい金額「10,001円〜15,000円 16.9%」→「食費1カ月程度」(25歳)

写真拡大

現在の労働を時給に換算すると、いくらになるのか考えたことはありませんか? せめて学生時代のアルバイトよりは高給であってほしいものです。まったく同じ内容のアルバイトをするなら、最低限ほしい時給はいくらでしょうか。マイナビニュース会員の男性372名にうかがいました。

女子感覚はこちら

調査期間:2013/6/15〜2013/6/27
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:男性372名(ウェブログイン式)

【男性編】Q.防災袋に入れておきたい金額を教えてください(単一回答)
1位 10,001円〜15,000円 16.9%
2位 0円 14.2%
3位 30,001円〜50,000円 12.6%
4位 20,001円〜3,000円 11.3%
5位 5,001円〜10,000円 10.5%
5位 50,001円〜100,000円 10.5%

■10,001円〜15,000円
・「食費1カ月程度は持つから」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「逆に多すぎるとなくしたときに不安になるから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「いざというときのために、少し余裕をもって備えておきたい。実際貨幣はほとんど機能しないのかもしれないけど」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■番外編:お金があっても役に立たない?(0円)
・「東日本大震災のような状況になったらお金は実際に役に立たないと思うから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「金額ではなく食料を入れておくべきだと思うので」(29歳/情報・IT/技術職)
・「お金があっても意味のない状況下もしれないから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

多くの男性が、10,001円〜15,000円は防災袋に入れておきたいと回答。食料や電池など、必要なものをいろいろと買っても足りそうですね。ただ、本当に大きな災害に遭ったら、お金が意味をなさないのでは? という指摘も。そうならないように祈るばかりです。

(OFFICE-SANGA)