藤田監督『銀魂』続編について「ヒットしたら大人たちが黙っていないはず」

写真拡大

7月6日に公開されたアニメーション映画『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の舞台あいさつが13日、都内で行われ、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一、山崎退役の太田哲治ら真選組メンバーと藤田陽一監督が登壇した。

7月6日〜7日の2日間で2億8,185万9,900円という興行成績で、前作『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』(興行収入10.6億円)の140%以上のオープニング興行成績を記録し、好調な滑り出しとなった本作。この日の舞台あいさつは、大人気の真選組メンバーとあって公開初日に負けず劣らずの熱気で、司会も太田が務めるなど終始アットホームな雰囲気の中で行われた。

まず、本作での真選組の描き方について「それぞれ見せ場があってちゃんと責務を果たせたかなという気持ち。いいところで全員が絡めたかな」と藤田監督。未来のシーンではビジュアルが変化していることについて、太田から「檻の中のゴリラ役」と言われた千葉は「そう言われるのも慣れてきた(笑)」と返し、中井は「中身は何も変わらずいつも通り。土方十四郎本人がどうというよりエリザベス役で登場した、ある大御所声優さんと一緒に戦えたのは男の子の夢なので、心躍りました」と豪華キャストとの共演について語った。

藤田監督は、原作者・空知英秋との制作を振り返りながら「大体飲んでました(笑)」とおどけつつも「大きなストーリーの流れは基本的におまかせして、ギミックや映画ならではのスケールなど、できることはこちらから投げかけたりした」と話し、さらに「戦闘シーンは先生からのネームに”激闘”と2コマ程書いてあるだけだった」とまさかのエピソードを披露。これにはキャスト陣も驚きを隠せない様子だった。その戦闘シーンについて、千葉が「今どきらしい戦い。戦闘シーンが俯瞰から入ったりとスピード感も壮大だった」と太鼓判を押し、中井も「本気を出すと実はすごいんですよね」と冗談交じりに褒めると、藤田監督は「ギリギリまで時間を使って作りました。追い詰められないとできないタイプ」と自己分析。鈴村は「夏休みの宿題みたいな? もう本当に間に合ってよかったです」とほっとした表情を浮かべていた。

2006年のテレビアニメ開始から7年、真選組メンバーが出演しない回もあったとしつつ、鈴村は「『アニメが再開します』と言われてから全然呼ばれなくて本当に再開したのか疑っていた」と吐露し、中井は「(出番が少なくても)われわれ真選組メンバーだけは団結しよう、と言っていたら近藤局長(千葉)だけが呼ばれていて疑心暗鬼になったことも」という貴重なエピソードも。太田も「あまり7年経ったという気がしない」と思い思いに語るも、最後には全員で「長いことやってるんだねぇ」としみじみ振り返っていた。

最後に、太田が藤田監督にアニメ『銀魂』は本当に終わるのかと問いかけると「今回の映画はけっこう出し尽くしたし、いろいろ詰め込んできれいに締めたつもり。でも僕らが終わると思っていても、映画がヒットしてくれたら大人たちがだまっていないはず(笑)」と含みながらいうと、観客からは今日一番の大きな拍手が届けられた。これには鈴村も「とってもいい映画だったでしょ? 銀魂らしいというか、集大成の映画だなと。これからも続いてほしいなというのが大人たちと僕たちの願い」と作品に込めた想いを語り、スタッフ・キャスト、かけつけたファン全員の『銀魂』愛であふれる舞台あいさつとなった。

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会