CTX700 デュアル・クラッチ・トランスミッション

写真拡大

ホンダは、新型のクルーザーモデル「CTX700N」と「CTX700」の2モデルをラインアップに設定し、ネイキッドモデルのCTX700Nを2013年7月11日に発売した。カウリング装着モデルの発売はCTX700を8月6日。

2タイプのトランスミッション

スタイリングは両モデルともに、「水平基調デザイン」を採用。フレーム構成からシートやマフラーに至るまで、機能美を融合させた水平基調のプロポーションとした。

車体は、新設計のリアサブフレームを採り入れることで、足着き性に優れ、安心感のある720ミリの低シート高を実現した。また、ライディングポジションは自由度の高い設定とし、市街地走行から長距離ツーリングまで幅広い用途に対応した。

エンジンは、常用する低・中回転域の力強さと、38.0キロ/L(60キロ/h定地走行テスト値)という燃費性能を両立した水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccを搭載。トランスミッションは、両モデルともに6速マニュアルトランスミッションと、独自開発した有段式自動変速機のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)の2タイプを設定した。

メーカー希望小売価格は74万5500円から89万9850円。