3Dプリンターで人工骨 実用化へ

ざっくり言うと

  • 3Dプリンター製の人工骨が、平成26年にも実用化される
  • 東大病院などが開発した技術で、事故などで欠落した顔面の骨を代用できる
  • 顔の骨は手足の骨などに比べ形状が複雑なので、手作業では再現しにくいという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング