KAT-TUN田中聖くんが経営していた会員制バー「CROSS ROAD」は、既報の通り、あの市川海老蔵が関東連合にボコボコにされた場所「バルビゾンビル」の7階にあった。知り合いの記者からは、「ファンやマスコミが大挙して来訪したから、もうとっくに営業していないよ」と聞かされていたのだが、今現在は果たして……。

 6月上旬の平日、女性を伴って二度目の訪問。前回行ったのは今年の2月だから、もう4カ月がたっている。思えば前回の訪問には楽しい思い出しかない。会員制にもかかわらず、ほぼ飛び込みでの入店を快く迎えてくれたスタッフたち。どう見ても善人そうな田中くんのお兄さん(店長)、さらに弟さん(副店長)とも名刺交換をした。ジャニーズファンだらけの客に囲まれてカラオケを熱唱する田中くん本人は、ファンの腰に手を回したり、写真撮影も全然OKという大サービスぶりだった。

 田中くんと兄弟、それを温かく見守るファンのお客さんたち。終始アットホームな雰囲気で、ここがあの凄惨な海老蔵事件があったビルとは忘れてしまうほどの楽しい一夜であった。

 そんな楽しかった記憶を胸に前回と同様、バルビゾンビル7階へ向かった。エレベーターを下りると「写真撮影禁止」の張り紙が。いきなりの警戒モードだ。あれだけ派手にネットニュースに流されたから、その対策なのか? 裏を返せば、まだ極秘に田中くんが営業に関わっているという事なのか?

 ドアノブを回し中に入ると、以前あったビリヤード台やバイクの置物などはなくなっており、あれだけ賑わっていた店内はガランとしている。カウンターには暇そうにした女性が2人、背もたれに全体重を傾けてダラッと座っていた。とてつもない負のオーラだ。

 我々が店内に入ったのに気付いた男の店員(キャップを被って大きめのTシャツを着た若者で20代前半、前回訪問した時はいなかった)が駆け寄って来ていきなりの一言。

店員「誰かの紹介でいらっしゃいますか?」
記者「いや、以前遊びに来たことがあって、田中くんのお兄さんと名刺交換しましたけど」
店員「田中くんの! お兄さん! なるほど、どうぞ!」

 飛び込みでないとわかると店員は元気よく迎えてくれた。カウンターに座ろうとすると、先に座っていた女が「どうぞ」と言ってどいた。ダラけた女たちは実は店員だった。活気のかけらもない雰囲気の中、カウンンターに座り赤ワインを2杯頼む。

記者「前に来た時とは随分雰囲気が違いますね。田中くんは今日はいらっしゃらないんですか?」

 店が変わった事を知らない体で話をしてみた。

店員「いや、ここはもう全然違う店なんですよ。田中くん本人はたまに来る時もあるような感じですけど」

 なんだか歯切れが悪い。そもそも、どうして誰の紹介なのか確認したのか。まだ田中くんと店の関係は完全に切れてないのでは? と勘ぐってしまう。

記者「前は、田中くんがカラオケ歌ってたりしてすごく盛り上がってたよね?」

と記者と一緒に来店した女性を巻き込みながら聞く。

店員「結構うわさになってしまって。田中くんたち兄弟は撤退して、その後を居抜きで店をやらせてもらってるんですよ」

 店の言い分としては、ニュースになった後、あまりにもファンやマスコミなどが押し寄せてしまい、田中兄弟は撤退。もったいないので、自分がその後、まったく関係のない店として営業しているとの事だった。

 店員さん、少し警戒しているのか? その後も特に盛り上がる感じでもなかったので、一緒に来ていた女性とワインをもう1杯ずつ頼んで会計をした。値段は6,000円、チャージが1人1,000円としてもワインが1杯1,000円か。前回訪れた時の会計は、2人でカクテルとウーロン茶を3杯ずつ飲み、会計は8,000円をちょっと超えるくらい。だいたい今回と同じような値段だが、ナマ田中くんとその兄弟に触れ合えたことを考えればそんなに高い気はしなかった。田中くん抜きで考えると今の店は少々高い気がする。

 ともかく店は営業しているが、もはやあの時の熱気は店内にはなかった。田中くんというスターがいなくなり、ダラけた女性店員と会話の弾まない男の店員だけではこの先商売は難しいのでは? と、いらぬ心配を胸に帰路についた一夜。やっぱり田中くんがいなきゃ、バルビゾンビルは楽しくない。
(大朋理人)