【ジャパンエキスポ2013】フランス人カラオケ王座は?

写真拡大

フランスのパリで開催された「ジャパンエキスポ2013」にて7月7日(日)「DAM PRESENTS フランスカラオケ王座決定戦」と称したフランス人を対象とするアニメソング中心のカラオケ大会が実施された。

1,500名収容の会場は満席状態で、ゲストとして日本人アーティストの「麻生夏子」「アーバンギャルド」「スーパードールズ」「サンサナー」も登場し、イベントを盛り上げた。

参加者は事前にフランスのケーブルテレビ局「NOLIFE」で放送中のジャパニーズカルチャーを紹介する人気番組『Japan in Motion』で募集。応募約50名の中から選抜された5名がジャパンエキスポでのファイナルステージに進んだ。

『聖闘士星矢』や『涼宮ハルヒの憂鬱』の楽曲などを歌いなれた日本語で披露。満席の会場からは拍手と歓声に包まれた。

グランプリは「Lacrimosa」を見事に歌い上げた『SYNAEGHEL Salome(シネゲール・サロメ)』さん(18歳 学生)が獲得。子供の頃から音楽が大好きで、10年前から日本のことが好きに。いつか日本へ留学し、将来は通訳・翻訳者になり日本に住みたいと言う。

シネゲール・サロメさんは、DAM認定のフランスカラオケ大使に任命され、8月3日(土)に愛知県名古屋市で開催される世界コスプレサミットで実施するカラオケ大会「LIVE DAM presents NIPPON World Karaoke Grand Prix Cosplay」にフランス代表として出場する。