今回は、加藤ひろゆきさん(左)の不動産購入法とハリウッドでの苦労、これからの夢についてと話が広がりました  撮影/和田佳久

写真拡大

新米大家のレッド吉田さんが百戦錬磨の先輩大家に賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回のゲストは激安不動産投資家&随筆家としてマニアから熱狂的な支持を集める加藤ひろゆきさんです。最新刊の「300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法」も好評の加藤さん。今回は、不動産購入の手法とこれからの夢について。

ハリウッドも不動産投資も確率の問題

レッド吉田さん(以下、レッド) もともと大家になるのが夢だったんですか? 

加藤ひろゆきさん(以下、加藤) 20代の頃の夢はハリウッドスターになることでした。アメリカに渡ってオーディションを200本受けて、マドンナやジャネットジャクソンのミュージックビデオに出たこともあります。でも、最後は貧乏をこじらせて、200ドルを握りしめて帰国ですよ。結局、挫折しましたけど、その経験から学んだこともたくさんあります。

レッド どんなことを学びました?

加藤 例えば、すべては確率の問題ということです。不動産も膨大な資料の中から物件を選んで見に行って、いくつかに買付を入れて、ようやく1棟買えるわけです。数が増えるほど、見る目も養われて、買える確率も高まります。オーディションもそれと同じです。とにかく数を当たることって大切ですよ。

レッド なるほどね〜。最初のアパートを買うまでにどのくらい物件を見たんですか?

加藤 最初に買ったアパートは、80棟目に見に行った物件です。その前に、図面(マイソク)は何千枚も見ています。

レッド 当時は会社員だったんですよね。よくそんな時間がありましたね。

加藤 当時の週末は不動産一色でした。今みたいにぶらぶらしていなかったですね。その頃から数えたら、いくつ物件を見たかわからないですよ。でも、そのおかげで安く家を買えるようになりました。

レッド やっぱり何事も努力と経験が生きるんですね。それだけ買っていると、中にはちょっと変な物件もあるんじゃないですか?

加藤 去年買った築15年の家は、新築のときに2800万円で売られていたんですが、610万円で買って、今、9万円で貸しています。この家は隣に街宣車が止まっていたんですが、尖閣諸島問題のときに引き合いがあって売却したそうで、今は平和な町になっています。

レッド ワハハ! そんな物件があるんですね。それにしても隣の家に街宣車が止まっている家を買うなんて、やっぱり加藤さんはチャレンジャーだなあ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)