「RED」カーペットに豪華スター、LAプレミアにブルース・ウィリスら。

写真拡大

2011年に日本でも公開され、世界では2億ドルを超える大ヒットを記録したブルース・ウィリス&超豪華スター競演の映画「RED/レッド」。そのワールド・プレミアが7月11日(米国時間)夜に、米ロサンゼルスのウエストウッド・ビレッジで盛大に行われた。

この日、プレミア会場前に特設された「RED」カーペットにはスターたちを一目見ようと500人を超える観客が集まり、今や遅しと開始を待ちわびる。18時30分を回るころ、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホン、メアリー=ルイーズ・パーカーと豪華キャストが続々と登場。世界各国から集まった取材陣も、一言でもコメントを取ろうと激しい取材合戦を繰り広げた。

白のスーツに身を包んだブルース・ウィリスは愛妻エマ・へミングを伴って颯爽と現れ、「前作以上に面白い映画になったよ。他のみんなと共演したシーンはみんな最高だ。キス・シーンもね」と作品の出来に自信たっぷりな様子。

さらに、ヘレン・ミレンがドレープのあるグリーンのロング・ドレスで、夫で映画監督のテイラー・ハックフォード(監督作:愛と青春の旅立ち)と共に登場、アカデミー賞女優らしい優美な美しさを魅せ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは黒の総レースのストラップレスドレスで登場。スリットの間からのぞく脚線美はお色気ムード満点、カメラマンのストロボが一斉に輝き、妖艶な美しさで会場を魅了した。

「REDリターンズ」は、11月30日(土)より全国公開。