世界初のiPS臨床研究を承認

ざっくり言うと

  • 12日、厚労省がiPS細胞で目の難病「加齢黄斑変性」を治療する臨床研究を承認した
  • 加齢黄斑変性とは、網膜の一部の異常で、視界がゆがんだり黒く欠けたりする症状
  • 患者の皮膚からiPS細胞を作り、患者の目に移植する計画

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング